ペット可のマンション・アパートの最適臭い対策

ペットは癒しを与えてくれます。

今やペットとの生活は賃貸住宅であっても切り離せないものになっていますね。

が、部屋のオーナーや第三者からすると、気になるのが「ペットの臭い」です。

昔と違い、室内で飼う事が当たり前になっていますので、入居者もオーナー側も気にしておきたい部分です。


ペットのにおいの原因

気になるニオイの原因として、
  • ペット自体の体臭
  • お散歩などの外出後、脚を拭いても拭き取りきれなかった汚れ
  • お散歩中身体についた汚れやヨダレ
  • 抜け毛などが原因で雑菌が繁殖し、お部屋中にばら撒いてしまっている

  • 等が挙げられます。

    特に猫ちゃんやワンちゃんを飼っているご家庭では、臭いに鼻が慣れてしまい、自分では気付けないことがあります。

    玄関を開けた途端に犬臭いと言われたり、他人のお家に行った時にクサいと感じたり。

    そんな経験ありませんか?

    お家の中を消臭しよう!

    と、スプレーをしたくてもペットが舐めてしまうかもしれないし、鼻が敏感なペットにはニオイの強い消臭剤や除菌剤は使わないであげたい。

    大事なペットの事を考えると、安心できるものをスプレーしてあげたいですよね。

    そこで出番なのが光触媒による部屋のコーティングなのです。

    光触媒の成分=酸化チタンは、人間が舐めたとしても大丈夫な成分なので、ペットが舐めたとしても大丈夫です。


    一度コーティングしておくと、剝がすような行為をしない限り、長期間に渡ってその効果を発揮しますので、光のチカラを使って継続的に、付着した菌・ウィルス・ニオイの元など全て元から分解し除去してくれます。

    ※蛍光灯(室内)の光でも効果を発揮する光触媒である事が重要(ほとんどの光触媒が室内灯での効果を実証できていない)

    スプレータイプのピンポイントの物もありますが、そこはやはり生活の中で擦れて剝がれやすかったりもしますし、室内効果もわかりません。

    部屋の壁ごと施工しておくと良いと思います。

    コスパも長い目で見るとその方がいいはずですし。

    因みに、光触媒の空気清浄機タイプなんかも存在し、脱菌・脱臭に特化している事がうたわれていますが、それなりに結構なコストが・・・・

    悩ましい限りですね。


    いずれにしても光触媒は抗菌対策だけではなく、動物病院やペットカフェ等でも、ペットの臭い対策として利用されている素敵なアイテムですので、ペットとの共生をされる方はぜひご考慮下さい。

    もちろんマンションやオーナー様も、入居者募集の付加価値ツールとして施工を御一考されるのも有りだと思います。

    退去時のトラブル対策にも

    ペット可物件に関わらずですが、退去時のトラブルは日本全国で絶えません。

    入居者側は入居中の生活次第では、退去時にかかる費用が入居時に想定していない金額が請求されることもあり得ますし、中にはご無体なケースも目にします。

    逆にオーナー側からすると、自然損耗以外の原状回復については可能な限り請求したいのもわかります。

    基本的には多くの契約書の特約事項には、退去時の費用に関して室内清掃費は借主負担と書いてあので、退去後の支払いになります。

    清掃費用だけで済めばいいのですが、

  • 浴槽、トイレの水回りはカビだらけ

  • お部屋のこもった独特な臭いがクロスに染みついてる

  • キッチンは油まみれ

  • こびりついた汚れは簡単には落ちず、割り増し清掃や、最悪の場合、交換費用なども発生する場合もあります。

    多額の清掃費用を請求され清掃意識は大切とあとになって気づくのです。

    ここでの費用については、細かな部分で両者の納得・同意が必要となりますが、やはり両者の意見に開きがあるケースは多々存在します。

    こういったケースでのトラブルの防止の方法としても、光触媒によるコーティングがツールとして利用できると考えれますね。

    防汚機能がある光触媒コーティングをしておけば、自然な汚れであれば(もちろん程度によりますが)分解してしまいます。

    そのことで、余分なトラブルを回避できる部分が出来るので、その点からも光触媒によるコーティングの施工は一行の価値があると言えますね。


    ルミテスターによるTEST調査

    ルミテスターとは

    知人の車の中の臭いがかなりキツイとの事だったのでTESTケースとして施工してみました。

    某車の中を測定 ⇒ 光触媒コーティング ⇒ 翌日の数値

    ※最初の2つの数値はアプリの利用ミスで、他の部屋の数値です。

    車内の数値は匂いとともに10,000overのなかなかの数値でした。


    ※clickで拡大します。

    翌日、再検査をすると数値は半分に・・・。



    ※clickで拡大します。

    が、まだまだ臭いは残っています。

    臭いの原因物質に対しての分解は続いていますので、数日後に再度調査してみようと思います。

    某調査では、2~3日目以降で臭いに対する効果が感じられたとの事でしたので、好御期待です。

    最新情報をチェックしよう!