住宅ローンの支払が困難になった場合、解決策として任意整理や任意売却、自己破産などの方法があります。

こちらでは自己破産制度の内容と手続き後の生活への影響についてご紹介します。

自己破産について

自己破産とは借主が経済的な破綻をきたし債権者への弁済が困難になった際、ご自身が居住している地域の裁判所に申し立てを行い、債務(借金)を免除してもらうことです。

自己破産をすることで公的な支払を除いて、全ての借金がなくなります。

生活に必要なもの以外の財産は全て換価される為、財産も借金も「ゼロ」の状態で生活を再建していくことになります。

気になる自己破産後の生活

借金が全てなくなるというメリットは大きいですが、かわりに多くのリスクが伴います。

1つ目は官報や信用機関などの情報、いわゆるブラックリストに記載され、抹消されるまでの期間はクレジットカードの作成や借入が難しくなります

自己破産をした際、生活に必要なものは手元に残りますが、車や家などの高価なものは手放すことになります。

借金がゼロになるとはいえ、ゼロから生活をする際は様々なものが必要になります。

クレジットが利用できないことで、買い物をする際に苦労します。

次に自己破産の手続き中は、一定の職業への就職や資格が制限されます

制限される職業は、弁護士や行政書士、宅地建物取引業者などです。

一定期間とはいえ、資格の使用が制限されるのは致命的な問題といえるでしょう。

最悪の場合、辞職して次の仕事を探すケースもあります。

自己破産後は様々な制約を受けることになり、ご家族や連帯保証人にも影響は及ぼします。

その後の生活にも影響してくる為、自己破産は最終手段として考えておくとよいでしょう。

意外と知られていない自己破産の事

自己破産ではすべての債務についてチャラになるわけではありません。

いわゆる非免責債権と呼ばれる、請求され続ける、つまり借金として残るもの、逃げれない借金があります。
  • 税金

  • 罰金・過料・追徴金・刑事訴訟費用

  • 不法行為に基づく損害賠償請求権

  • 婚姻費用、離婚時の養育費

  • 従業員の給料・労働債権の請求権

  • と言ったものは免責されません。

    意外と知られていないので、参考にしてください。






    不動産先生

    住宅ローンの支払でお困りでしたら、当社にご相談ください。愛媛県新居浜市にある当社では任意売却相談や自己破産相談、任意整理相談を承っております。
    住宅ローン滞納の解決策の選択は、その後の生活に大きく関わってきます。当社では皆様が安心して生活を送れるように、精一杯のサポートをしてまいります。新居浜市にお住まいの方だけでなく、今治市や西条市にお住まいで住宅ローンに関するお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。