家を売る理由のNO.1になりつつある離婚。

周りを見渡すと、離婚は当たり前に起きています。

結婚するよりも離婚するときの方が苦労する・・・というのは皆さんもよく耳にすることだと思います。

少しでもその離婚の苦労を減らすためには、事前の準備と言いますか、知識を持っておくことが大切です。

離婚は、財産分与、養育費、慰謝料、などお金にまつわることで、トラブルやもめ事が長引き、精神的にも肉体的にも負荷がかかりすぎるくらい掛かってしまうものなので、当然その知識を持っておくことで、少しでも優位にスムーズに話を進めることができるのです。

離婚の原因は様々なのでしょうけれど、基本的にはお金と相手方の不貞行為、暴力行為が圧倒的な原因です。

不貞行為については探偵さんの領分・暴力は警察

なので、今回はお金と家(不動産)について、離婚を考えだしたときに取るべき行動について考えてみましょう。

離婚の時の家の取り扱いは?

売る、貸す、住む

この3点が考えられる離婚時の、家に対する取り扱い方法になります。

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

離婚で家を売る場合

住宅ローンとの兼ね合いがありますが、懸案となる一番大きな財産について現金化し、分与・分割できるので、判りやすく、すっきりするのが良い点と言えるでしょう。

デメリットとしては、住宅ローンの残債が、不動産価値を上回っている場合に、負債の部分が発生することです。

当然この負債部分は、財産の総額で考慮されるので、この場合はデメリットと言えるでしょう。

しかしながら、若干のマイナスで収まったり、プラスになるのであれば、煩わしい事や、嫌な思い出からすっきりと手を切れるので、新しい生活とスタートを望まれる場合には家を売る事が、一番良いでしょう。

離婚で家を貸す場合

住宅ローンの残債があまりにも多く、家を売るにも売れない場合に取る方法です。

貸しておく分、住宅ローンの負担が抑えられ、金銭的な圧迫からは解放されやすいのがメリットです。

しかし原則として、住宅ローンは住むためのローンなので、厳密には金融機関との契約違反であり、何かの時に不利に働きます。

基本的には支払いが滞らなければ大丈夫(目をつむってくれる)な場合が多いですが、民法上は宜しくない状態が続くので、注意が必要です。

離婚で家に住む場合

その家に愛着があったり、経済的理由でその家にいずれかが住み続ける場合が考えられます。

この場合気を付けておかなければいけないのが、例えば住宅ローンを旦那さんが払い続け、奥さんと子供が住み続ける・・・というようなパターンの場合です。

数年経過した後に、ある日突然残念なお知らせが届き、家を出なければならなくなる可能性が存在するからです。

住宅ローンと自分の生活の2重の支払いが発生し、経済的に旦那さんが破たんしてしまう可能性があり、この場合金融機関は”競売”という手段を取ってきます。

知らない間に悲しい出来事に巻き込まれ、家を出なければならなくなるのです。

デメリットに対処するために

これらのデメリットに対処するためにはどうすれば良いのでしょうか?

事前にしっかりと、その家の価値を把握しておき、自身や子供にとってどうするのが一番良いのかを考えておく事が大切になります。

実際に家の価値がわかっていれば、先の3つの方法から最善を選択できるからです。

例えば、住宅ローンの残債が実際の査定価格よりも多ければ、ある意味負債とリスクを抱えた状態になるので、連帯保証人から外れるようにするであるとかの対策を取って、リスク回避できたりもしますし、事前に住む場所を探すこともできます。

揉めだしてからではお互いの意見がぶつかるだけなので、時すでに遅しの場合が多いです。

結婚するときは、事前にいろいろと準備をしますよね?

離婚するときも当然、事前準備が必要なのです。

家の価値をこっそり調べるには、一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。

無料で利用できますし、ネットで完結できるので、内緒で動くにはもってこいです。

イエウール
スマイスター
どちらも全国対応ですが、未対応の地域も存在しますので、いずれか一方に無ければ、もう一方で対応エリアについてはご確認ください。


因みに私の田舎にあった不動産を昨年売却したのですが、その際に利用してみると、イエウールでは未対応でしたが、スマイスターでは対応可能でした。

結果的には思っていたよりも少し高く売れたので、良しよし^^でした。
新居浜市 離婚

必ず必要になる査定書

離婚に際しては、財産分与を行いますので、所有する財産の目録と、その価値を推定する必要があります。

その場合に2社以上の不動産査定書が必要になります。

その際にも、上記の一括査定サイトが役に立ってくれますので、無料で不動産の査定書が必要になった時(離婚の場合は必ず必要)にも利用すればよいでしょう。

不動産屋さんは基本的に、売却が絡まない査定については嫌がります。

お金にならないからです。

なので、売却が絡まない場合は有料であったりするのですが、イエウールやスマイスターであれば無料で不動産の査定が行えます。

離婚の時に役立つサイト

だという事で覚えておきましょう。

そう、一括査定サイトは離婚や相続の時にその威力を如何なく発揮してくれるのです。

便利な時代になりましたねえ^^