安全・安心の土木屋さん

安心できる土木屋さん

建築や不動産に携わると土木屋さんが関わるケースが結構あります。

初めてやってもらう業者さんなんかはすごくやりにくいですし、段取りがグダグダで・・・「え、マジ!?」みたいな事も多々あります。

今日まさにそんなことがあったので、普段関わることの無い皆さんはもっと訳が分からない事が起こり得るはずです。

そこで皆さんが安心できる判断材料を。

失敗しない工事を発注するポイントは?

今回は絶対に外せないポイントをご紹介します。

特によくあるのは知り合いだから頼んだパターンです。
安くしてくれるからそうなるのか、安心できるから発注するのかは人それぞれですが、このパターンは大抵失敗します。

今まさにそんな事に直面していますので、簡単に説明しますと・・・

まず一人親方の様な場合は要注意!

  • びっくりするのが図面が書けない・・・これは本来論外なのですが、過去数度このパターンに直面しました。

  • 架橋をするのにその断面図が書けないとか擁壁の施工断面が書けないとか・・・あり得ないですが起こるのです。

  • 各種届け出や申請を理解していない
  • これは図面を書けないと進まない部分もありますが、そもそも道路を使用する際はその管理者の許可が必用です。

    その道路を使用して工事をすれば当然その道路を通行・使用する人達に不利益をもたらします。
    なので、市道であれば新居浜市、農道であれば土地改良区といった管理者に許可を求め、通行を妨げる場合は警察署なんかにも届け出が必要です。

    これを知らなければ許可が下りるまでに2~3週間かかりますので、工事がそれだけ遅れます。
    遅れると相手方がいる場合は相手方に迷惑をかけてしまいます。

    こういった申請事項は工事内容によって変わってきますが、それを理解していないと非常に困ります。

    通常最低限この2点については、「普通はできる」と「できて当たり前」と思っていますので、こちらが支持するような事ではありませんが・・・なぜかそんなことが起こるのです。

  • 何より数年後誰が責任を?
  • 一番の問題点はここです。何か不具合があった場合に誰が責任を取るのでしょう。
    例えば1年程度で道路が陥没したりした場合、この業者さんはいない可能性がありますよね?責任能力を図ることができません。

    工事を発注する側にとってこれは致命的です。それでも大丈夫という根拠があれば発注してください^^

    民間工事をあまりしていない場合は要注意!

    なぜできないかの理由にも該当するのですが、土木屋さんの中にはほとんどが公共工事で民間の工事を経験していない業者さんも存在します。

    この場合も失敗する確率は高いです。

    そもそも公共工事にはお役所から出てくる図面があり、その通りにしないといけないですから、段取りから強度まで何から何までその通りにやろうとします。

    これは当たり前なので良いことなのですが、要は融通が全く聞かないというか、言われた事しかできないというか・・・

    民間工事においては施主の都合で要望が変わったりすることは多々あります。開口の位置であったり、給排水の位置であったり。

    それを伝えても現場に届かないこともよくありますし、最初の図面の段階でなぜそこに開口が?みたいな場合もよくあり、訂正が届かないなんてことも・・・

    強度的な事や図面に服従する正確さはすごいのですが、如何せん対応能力が無さすぎます。

    そして何より高い!!!公共工事と同じ利益率でやってきますので、そりゃ高いですよ。

    そのくせやり直しが発生した場合にはプライドが高いのか、文句が先に来やすいですし…

    ここの類も全くおすすめしません。

    まとめ

    ではどこに?
    現在新居浜市では不動産業者のかなりの業者がとある会社に、自社の工事も含めて発注しています。

    なぜか?その理由は
    1. 基本的に価格が安い事


    2. 責任をもって対応してくれること


    3. 失敗した時にもスピード対応してくれる


    4. 開発や位置指定等民間の分譲や宅地造成を限りなくこなしている

    といった理由から、新居浜中の不動産業者や建築業者が工事の発注をしています。

    この業者さん、強いてデメリットを上げるなら”忙しすぎる”ことでしょうか。

    工期が遅れがちになる時期があったりするので・・・そこは目をつぶって余裕を見て工程を組んでおけば、こちらも対応しやすいです。

    私も知らないうちに、知らない不動産業者が工事を発注しているので少し驚くこともあります。

    これは業界内で”しっかりしてくれる”という安心感とコストパフォーマンスが優れているというメリットが浸透したからでしょう。

    皆さんも民間工事の発注先を迷われたら参考にして下さい。

    この会社のトラックを見ない日は無い!?今や東予地域のゼネコンです^^

    株式会社 大野土木