住宅ローンの支払は何十年にも渡る為、様々な事情で住宅ローンの支払が困難になって任意売却を検討する方は少なくありません。

任意売却をスムーズに進める為にも、事前に必要書類を準備しましょう。

任意売却の必要書類一覧


  • 住宅ローン借入先から届いた催告書や催促状、ハガキなど

  • 物件の売買契約書・重要事項説明書・建築確認申請書

  • 登録済証や権利書

  • 物件の権利書(登記済み証)

  • 土地・物件の評価証明書(戸建ての場合は土地の証明書も必要です。市税事務所・役所資産税課で発行してもらいます)

  • 固定資産税や都市計画税の納付書

  • 物件の間取りが分かるパンフレット

  • 物件の写真(デジタルカメラでの撮影で大丈夫です。外観写真は2枚~3枚、各部屋、キッチン・トイレ・浴室・ベランダなどの撮影をお願いします。)

  • マンションの場合は管理会社の連絡先・管理費などの明細など

  • 本人確認書類(運転免許証などです。保証人・連帯債務者の分もご用意ください)

  • ご本人様と保証人の確認書類

  • 印鑑証明書(原本でのご用意をお願いします。)

  • 差し押さえされている場合は、差し押さえ書など

  • 利用している金融機関や契約者様の状況によって用意する書類は異なりますが、上記が一般的に必要な種類の一覧となります。

    住宅ローンの支払が滞納して2、3ヶ月経つと借入先の金融機関から催促状・催告書が届きます。

    任意売却にはタイムリミットがあり、期限が切れると競売で家を手放すことになります。

    いざ、通知書が届いたら様々な不安や悩みを抱えることになりますが、何事も早い決断が大切です。