任意売却の不動産査定


住宅ローンの支払いが滞り、返済が難しい場合には、任意売却をするという手段があります。

任意売却には競売にはない様々なメリットがあるのですが、その前にしっかりと不動産査定をする必要があります。

こちらでは、任意売却の際の不動産査定について説明しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。


任意売却前に不動産査定をする理由


任意売却前に、まずは自分の家の価値をしっかりと把握しておきましょう。

そうすることで、任意売却をして得た資金の活用を考えることができます。

残りの住宅ローンを全部返すことができる金額であれば一番良いのですが、査定価格よりも住宅ローンの残額が多いのであれば足りない分の資金を事前に用意する必要があるでしょう。

任意売却をした後に住宅ローンが残ってしまうと、連帯保証人にその請求がいくことになります。

そうなると、連帯保証人とのトラブルも起きる可能性が考えられます。

こういったトラブルを防ぐためにも、事前に自分の家の価値を把握しておき、売却後の資金計画を立てることが大切になるのです。


一般売却との査定の違い

任意売却の場合は、一般売却と同じように媒介価格の決定権は売主にあります。

しかし、状況が一般売却と異なることから、様々な違いが出てきます。

例えば、任意売却の場合は時間との戦いとなるため、現状の建物で売却をする必要があるということです。

一般売却の場合は、より高く売るためにリフォームをすることができますが、任意売却の場合はそういったことをしている余裕はありません。

また、売る売らないの選択肢がないので、自分の満足のいく価格での売却が難しくなるのです。

任意売却の不動産査定は専門業者へ

一般売却とは状況が異なる任意売却の不動産査定の場合は、専門業者に依頼するのが最適です。

任意売却を専門としている業者は、高値で売るノウハウを持っています。

また、売却者の手元に資金を残す方法も知っているので、任意売却を成功させるためのアドバイスが可能です。

不動産先生

新居浜市にある当社では、任意売却のご依頼を承っております。お客様の立場に立って、適切なアドバイスをいたします。費用のことなど何か気になることがございましたら、お気軽にお問合せください。松山市や今治市、西条市からのご相談もお待ちしております。