競売による不動産売却には様々なストレスがかかります。こちらでは、競売による様々なストレスをご紹介いたします。

家を「奪われた」というストレス

競売は任意売却とは異なり、強制的に家を手放すことになったという意識が所有者自身に働きます。

つまり、自分の意思で不動産を売却することができない競売は、家を「奪われた」というストレスを感じてしまうのです。

任意による不動産売却でも「家を手放す」という想いはあるでしょうが、そのストレスは競売の比ではありません。

近所に知られるストレス

競売による不動産売却を行うと、競売物件として所有物件が新聞やインターネットに広く公開されます。

そうなると、ご近所の方に競売にかけられたことを知られてしまいます。ご近所から「競売にかけられた家」という目は、少なからずストレスになります。

特に、家にいる時間が多く、ご近所付き合いもある奥様にとっては大きなストレスになる恐れがあります。

生活環境の変化によるストレス

競売による不動産売却は、生活環境に大きな変化を生み出します。

不動産業者や不動産物件に興味のある方が物件を見に来たり、周辺の調査を行ったりすることがあります。

また、「任意売却をしませんか?」というDMなどが何十通も届いたりします。

そのようにして生活環境に何かしらの変化が競売による売却は考えられるのです。

競売による不動産売却には、このようなストレスが潜んでいるのです。

ストレスは不動産売却後の生活にも悪影響を及ぼすことが予想されますので、不動産の売却は競売にかけられる前に任意売却で話を進めることをおすすめします。

任意売却は残債の整理縮小(もしくは残債の償却)や債務の再構築を行ないやすく、債権者も競売より任意売却のほうがより多くの債務の回収ができるというメリットがありますので、住宅ローンの支払いが難しいという方は任意売却をご検討なさってはいかがでしょうか。


不動産先生

愛媛県新居浜市にある当社では、任意売却のご依頼を承っております。
新居浜市や松山市、今治市、西条市にお住まいの方で任意売却をお考えでしたら、当社へお気軽にご相談ください。