住宅ローンの支払いに行き詰まった時には、してはいけない誤った対処法があります。

◆消費者金融から借りてローンを支払う


住宅ローンの支払いに行き詰まった時の誤った対処法の代表例が、消費者金融からお金を借りてローンを支払うことです。

消費者金融からお金を借りれば住宅ローンの支払いは可能になりますが、消費者金融の金利は高設定となっていますので、さらに利息の高い借金の支払いがスタートします。

それだと借金を増やすだけで何の解決にもならず、ますます事態を悪化させてしまうことになります。

そのため、消費者金融からお金を借りて住宅ローンを支払うのは避けるようにしましょう。

◆家計を圧迫して支払いをする


住宅ローンの支払いで行き詰まった時に適度な節約や倹約をして返済をするのは大切なことですが、家計を圧迫してまで返済するのは誤った対処法と言えます。

そのような対処をしてしまうと家族全員のストレスとなり、それが原因で家庭環境が悪くなる恐れがあります。

したがって住宅ローンは家計を圧迫してまで支払いをしないようにし、家計が圧迫される手前で専門家に相談するようにしてください。


◆ローンの督促を無視して放置する


ローンの督促を無視して放置するのも、住宅ローンの支払いで行き詰まった時の誤った対処法です。

住宅ローンの滞納が続いたら諦めたくなる気持ちもわかりますが、それでは状況の悪化を招いてしまうだけです。

状況の悪化を避けるためにも、催告書や督促状が届いた場合にはすぐに借入先の金融機関に連絡をして、支払い計画の見直しを含めた相談を行いましょう。

また、専門家に督促相談に乗ってもらうことも大切です。

住宅ローンの支払いに行き詰まった時には上記のような対処は行わないように心がけましょう。

そして、住宅ローンの支払いが難しい場合には任意売却を検討しましょう。



不動産先生

愛媛県新居浜市にある当社では、任意売却のご依頼を承っております。当社はお客様との入念な話し合いを行い、お客様にとって最良の方法で対処いたします。新居浜市や松山市、今治市、西条市にお住まいの方で任意売却をお考えでしたら、当社へお気軽にご相談ください。