建築業者の考え方とは?

前回は建てられるお役さん側からの視点で述べましたが、今度は建築業者側からの視点を説明します。
私は建築にはタッチする気は全くないので、経験のある事での本音の部分をご紹介致します。

建築業者側の本音

「一番うれしいのは当然、お客様に喜んで頂いて、それなりの対価を頂くこと。」なのですが、これでは当たり前の綺麗事に聞こえてしまいます。

どこの会社も「顧客満足」とか「CS]とかいう標語を唱えていますので、究極の目標ではありますが、その実現は難しいのです。

それを実現するための手法を用いて、「よくやってくれた」とか「頑張ってくれた」といった言葉を引き出すのです。

見積もりの手口

ここでは敢えて手口と言います。聞こえが悪いですが、悪いと思う手法なので手口といいます。

これは大手メーカーのメジャーな手口ですが、

本来の会社の既定の利益率での見積もりが1,500万円だったとします。
営業マンは見積もりをお客さんに提出する際には2,500万円で提出します。・・・ここでの反応を営業マンは観察しています。

・「○○ハウスだからこれぐらいはするよね」というやっぱりこんなものか・・・という反応でもう少しでイケるという反応をしてしまうともう駄目ですね。
下手をすると2,500万円で契約してしまいます。
・「さすがに高い!」という反応であれば⇒「会社と掛け合ってきます。どれくらいであれば契約して頂けますか?」といった感じでダメ押ししてきます(ここで仮に2000万位という判断があったとします)。

 

次は店長くらいの肩書の方が出てきて、
「○○様の為に精一杯会社と交渉してきました」「キャンペーンで月末までなら・・・」と言って2,000万円を少し下回る1,980万くらいで見積もりが出てきます。
ここでグラっと来て契約をする人もたくさんいます。
それでもダメな場合

 

四国支店の社長や支店長みたいな肩書の偉い方が出てきて、
「どうしても○○様の建築を当社で請負い、幸せになってもらいたい・・という熱意を営業マンや支店長から聞いて直接お会いしてお話しをしたかった」
みたいな感じで1,500万円の見積もりが出てきて、「○○様は特別です」「私の為のここまでしてくれた」という空気を作るわけです。
これでNO!と言える人は少ないですよね?
かなりベタな感じで数字も大雑把ですが、うまくメンタルをコントロールしていくのです。

さてここで大切なのは仮に1980万円で契約した人は幸せか?と言う事です。
第3者から見るとダメダメな事でも当事者のメンタルは幸せな事ってありますよね?まさにそれなのですが・・・

最初から分かっていれば、「出た出た」「はいはい、そのパターンね」という風に冷静に対応できますが、だんだんハマっていった場合は自分では気づきにくい・・・というかそのままの方が幸せな場合もあります。

冷静に考えると最初の金額は何だったのか?そのまま契約してしまっていたら・・・と恐ろしくなります。
ある意味合法的な詐欺です。


平成のこの時代になっても普通に行われている手法ですが…皆さんにはそういう仕組みだと知って欲しいのです。
知ることで極力本当の意味での損失を減らす事が出来ますから。

勝手な予想
ここからは私の勝手な予想です。
近い将来、人工知能の発達で人工知能による見積もりや販売が行われていく可能性が高いと思います。
そうなってくると、全く同じ内容で適正な価格の販売が行われるようになっていきます。
つまり、アナログな駆け引きや詐欺的要素を楽しむのは多少残るのでしょうが、ほぼ絶滅していくでしょう。

スーパーで少しでも安い買い物をしようとする人はネットで価格を確認すれば一発でわかる時代です。
建築や不動産についてもそうなるのは我々が思っているより早いでしょう。
これを理解すれば販売する側も少しは素直な価格で最初から出してくると思うのですが・・・・

一番最初に高い見積もりを持ってくる業者は切り捨てましょう^^