まずはこちらの記事をご覧ください。



数年前から地銀の再編の話は、折に触れ話が浮いたり沈んだりしています。

現実的な話をすると、地方銀行も生き残れる銀行と生き残れない銀行とに色分けがされてきています。

地銀が再編される理由は?

現場から見た地銀が再編される理由は、色々あるのですが単純な大きな一つの事に集約されます。

少子高齢化と人口減少

日本全国、この事が及ぼす影響はどの業界にも等しく降り注ぐのです。

仕事柄、地方にある相続した不動産を売却する事に立ち会います。

この場合、これまでは相続人が近くにいて、地方銀行に売却代金がそのまま預金されていたのですが、昨今では相続した現金と共に売却代金も都銀に移行されるケースが増えています。

この事が地銀の危機を表しているのです。

一番預金をしている層である、団塊の世代の財産が、その相続人である都会で生活している子供達に一気に移行する可能性が高いからです。

預金が流れれば自己資本比率は下がります。

人口が減れば貸出先も減ります。

つまり今の形を維持するのが困難になるのです。

そこで合併や提携を行い、保険や関連業務の事業を直接始めたりと、将来の生き残りを図るべく、地銀は必死で動いている訳ですね。

では地銀が全くなくなるかというとそうではありません。

大手の都銀に比べて、地域密着のアットホームな部分があるのは間違いないのですから。

が、基本的には大手の都銀に集中していく流れは止まらないでしょう。

人口が東京に流れるのと同じことですね^^

そんな中、地銀や大手都銀に代わる便利な存在としてお勧めしているのが

じぶん銀行

なのです。

じぶん銀行とは?

じぶん銀行は、誰もが知っている(携帯会社) KDDI と 三菱東京UFJ銀行 とが共同出資し作られたインターネット銀行です。

都銀のUFJの強味と、全国津々浦々に存在するAUの地域密着型の強みとが合わさり、その上インターネットという便利さ手軽さが加わった、最強の形態と言えるでしょう。

ネットだけでは不安、地銀は不便、大手都銀は敷居が高い・・・そんなデメリットを全て吹き飛ばす銀行なのです。

え?不動産と何の関わりが?

よくぞ聞いてくれました。

ネットの住宅ローンの金利が通常銀行に比べ安い事は、だいぶ知られてきました。

しかし

ネットだけで・・・

自分で全部しなければいけない・・・面倒・・・

といった理由から、ネット銀行を新規住宅ローンで利用される方はまだまだ少ないです。

そこで私がお勧めしているのが”じぶん銀行”なのです。

  1. 住宅ローン借り換え

  2. じぶん銀行


  3. 新規住宅ローン

  4. じぶん銀行


  5. 住宅ローン借り換え用シミュレーター

  6. じぶん銀行


  7. 住宅ローン新規借り入れ用シミュレーター

  8. じぶん銀行

住宅ローンの金利が 10年固定で0.61%(2017/12/05現在)

団体信用生命保険が 0~0.3%(生命保険の内容により)

借入手数料 2.16%

そして、な、なんと!

正義の味方正義の味方

保証料 0



住宅ローンだけでもお勧めする価値があるのです。

そして、冒頭で説明したこれからの将来の金融業界の再編です。

地銀同士の合併だけでは追い付かない、圧倒的な規模の資本と、

もっと身近な銀行となることを目指しています。

という企業理念をもってすれば、当然再編への不安も少なく、地銀と都銀のイイとこ取りの銀行と言えるでしょう。

じぶん銀行の便利さ

何となく大きな流れの中で、じぶん銀行押しな理由が分かって頂けたでしょうか?

大きな理由と共に、きめ細やかな便利さについても押している理由があります。

  • 電子マネーチャージ
  • 「au WALLET プリペイドカード」へのじぶん銀行チャージが、簡単にご利用いただけるほか、チャージ手数料もかかりません。

  • ケータイ番号振込
  • じぶん銀行間の振込は、支店番号や口座番号がわからなくても、携帯電話番号で振込みが可能です。また振込先入力時には、携帯電話のアドレス帳から選んで、お振込みいただけます。

  • 定額自動入金サービス
  • お客さまご本人名義の他行口座から、毎月一定額をじぶん銀行口座に入金できるサービスです。毎月定額を自動で資金取寄せできるため、給与振込口座からの振込やATMで入金するお手間が省けます。

  • スマホATM
  • キャッシュカードの代わりにスマートフォンアプリを使ってセブン銀行のATMで現金のお預入れ、お引出しができるサービスです。

  • AI外貨予測
  • AI外貨予測は過去の為替の変動から未来の為替をAI(人工知能)が分析・予測してくれるツールです。

ほんの一部ですが、アプリ1つでこれらのサービスを利用できてしまいます。

また、BOATRACEを始め、利用をすることでお得なキャンペーンも行われていますので、じぶん銀行を選んで利用して、ドンドン得をしていってみましょう。