aki

一線は超えてません!


という言い訳が流行っていましたが、言い逃れを続けるパターンについては、法的にクロと断定するにはかなりハードルが高い物なのです。

極悪君

明らかにやってるやん!


と週刊誌などを見ると思ってしまいますが、パートナーの浮気や不倫、いわゆる不貞行為についての証拠能力という点で考えると、法的にクロにはならないケースも多々見受けられます。

一般常識では浮気を確信させるもの=法的に証拠として認められるものとは限らない

のです。

では、不貞行為についての証拠となり得るものとは?

いかにハードルが高い物なのか?という事を考えながら見ていきましょう。

不貞行為の証拠となり得るもの

裁判や調停で浮気の証拠とされるものは、「肉体関係の事実確認ができるもの」です。

肉体関係の現場写真や動画があれば一目瞭然ですが、そんなものは犯罪行為でもしない限り手に入りません。

なので、一般的には

  • 浮気・不倫相手とラブホテルへの出入りが確認できる写真
  • 浮気・不倫相手の部屋への出入りが確認できる写真

  • 等があげられます。

    しかし1度だけでは根拠が薄い為、複数回の現場写真が必要になります。

    aki

    打ち合わせをしてただけ!



    なんていう言い逃れをさせない為にも、複数回の現場を押さえ、その信頼度を客観的に上げていく事が大切なのです。

    不貞行為の証拠とならないもの

  • 携帯に残ったメールのやりとり
  • 携帯やデジカメに残ったツーショット写真
  • ラブホテルの会員証
  • ラブホテルの領収書
  • 意外かもしれませんが、これらは法的証拠とは認められません。

    お互いの間での話し合いの根拠とはなり得ますが、いざ裁判となるとその効力は無く、あくまで状況証拠でしかありません。

    ツーショット写真などはその気になれば誰とでも撮れますし、メールなんかも妄想の中のやり取りを楽しんでいただけかもしれませんし、相手の特定も微妙な物です。

    会員証や領収書も本当に本人が利用しているものかどうかもわかりません。

    なので、あくまで状況証拠なのです。

    相手をクロと断定する要素には乏しすぎるのです。

    不貞行為の暴き方

    不貞行為の証拠となり得るものは何となくわかって頂けたと思います。

    では不貞行為を暴く為にはどうすれば良いのでしょう?

    メールや携帯の状況証拠は簡単に集めれるかもしれませんが、ホテルや部屋への出入りを複数回撮影するとなると、ハードルはかなり高くなります。

    自分でそれを行うとなると、万一その状況に遭遇したとすると、感情的になり怒り狂う修羅場を作ってしまいかねません。

    仮に冷静に対処できるとしても、相手の行動パターンを把握し、何週間も何か月も時間を費やす結果になります。

    そして撮れた写真が、ピンぼけしていたりすると目も当てられません。

    また、夜間の撮影ともなるとそれなりの機材が必要になったりしますので、やはり素人には難しい作業と言えるでしょう。

    探偵さんに依頼すると結構な費用が掛かってしまうのも、理解できてしまいます。

    かといって何十万円も費用を出すのは・・・・一般ピープルには敷居が高い話です。

    ではどうするのが一番簡単で、費用も安く済むでしょうか?

    コストパフォーマンス!

    これが一番重要ですよね。

    実際に行われている方法をお教えしましょう。

    浮気・不倫を暴くためにする行動

    まずは行動パターンを把握するのが先決です。

    仮に探偵に依頼するにしても、当てもなく何日も何か月もかかると、それだけ費用がかさんできます。

    ピンポイントで依頼する事が出来れば、探偵に依頼したとしても安価で済むのです。

    という事で、よく使われるのがGPSでの追跡です。

    GPSにも色々あって、リアルタイムで現在地を掴めるものや位置を記録するだけの物、バッテリーが2日ほどで切れるような物や10日くらい持つものなんかがあって、その性能も様々です。

    現在では性能によってレンタルをしている会社もあるようなので、パートナーの生活スタイルに合わせてコストと相談してみると良いでしょう。

    車での移動をするなら車に設置できるタイプ。

    車が無いなら、カバン等に紛れ込ませれるミニタイプ。

    色々と存在しますが、7日くらいのレンタル期間であれば10,000円~くらいからレンタルされているようです。

    もちろんこれは裁判の証拠にも当然なりませんし、自己責任で行う事になるので、あくまで行動把握のみに利用し、お互いのトラブルが起こりえる事は認識しておきましょう。

    そのうえで、決定的証拠を押さえる為の準備行動だと認識してください。

    GPSを取り付けるにあたっても、簡単に取り付けれる説明はよく見かけます。

    確かに簡単に取り付けれるのですが・・・。

    取り付け可能な環境が出来るまでにそれなりの苦労がある事を知っておきましょう。

    周囲の目があったりするので、誰にも気づかれずにGPSを設置できる環境は案外少ないものです。

    写真撮影はどうする?

    行動パターンが把握できれば、ピンポイントで写真を撮影する事も比較的簡単です。自分でも出来るかもしれません。

    写真撮影については昼間であれば問題ありませんが、夜間は相手に気づかれる為にフラッシュを利用できません。

    やはり夜間撮影用の高価な機材が必要になるので、ここからはプロに依頼すると良いでしょう。

    これらの作業をやった事がある方であれば、週刊文春の記者の根気強さがどれほどのものであるかわかりますし、その労力と忍耐にはリスペクトしてしまうでしょう。

    そうなのです。

    行動パターンが分かったとしても、自分が思うタイミングで相手が撮影アングルに来るなんてことは・・・

    という事で、撮影については探偵さんやカメラマンさん等に依頼をして撮影してもらいましょう。


    GPSレンタル

    1. GPS等で行動パターンの把握

    2. プロに撮影・調査依頼

    このパターンでいけば、比較的費用が少なく済み、且つ決定的な証拠を押さえやすいでしょう。

    実際に行われているパターンですし、私の相談者や依頼者にはGPSを格安でレンタルしてあげたりしていますので、地域によっては効果があがる方法と言えるでしょう^^

    正義の味方正義の味方

    リアルタイム型ではなく、ログ型のGPSになりますが、近郊の方であればレンタルしていますので、詳細が欲しい方はコメント欄からご連絡をお願いします^^