先日久しぶりに周囲の方や、売主様にご迷惑をおかけする出来事がありました。

これは一重に買主の一方的なわがままによるものの結果だったのですが・・・

そこで、今回は買主が購入前にやってはいけない事の一例を紹介してみます。

買主がやってはいけない値段交渉の例

不動産取引においては、売買契約前に値段交渉するのは当たり前のことです。

少しでも安く買いたい」という心理は誰でも持つものだからです。

しかし形やタイミングを間違えると、相手方に対して失礼な行為になる事も当然あるので、理解してもらいたいのです。

悪い営業マン

売買契約が成立してないんだからいいじゃん!?


と言われるかもしれませんが、どこかの国の人の様な事はしないのが日本人の心です。

では見ていきましょう。

その物件は1億1000万円。

他に買主が前もって存在し、9500万円で値段交渉⇒売主側で却下

という経緯が存在し、「1億以上なら構わない」という交渉経緯が直前であった



つまり1億円以上の購入意志があれば物件を手にすることができるのだ。

そこで今回の買主さんに物件の情報を提供し、その旨を説明し、細かく文書で売主の条件(その他手付金や融資のこと等)を買主に対して説明がされました。

「その内容をクリアできないのであれば”買い付け”を出さないで欲しい」とのことだったので、書面で内容の確認が念を入れて行われたのです。

買主さんは当然それを了承の上で、事前に銀行の融資の申し込みをし承認され、「買い付け」を1億円で出すことに同意しました。

間違いないとの事だったので、当然、仲介に入っている不動産業者はその経緯を売主に報告し、翌日には1億円で「買い付け」が出される事を伝えました。

そして翌日送られてきた「買い付け」には・・・なんと9,000万円という価格が書かれているではありませんか!

え????何???

やってはいけない事のポイント

皆さんわかりますよね?

9,500万円での購入者が他にいて、それを却下している状況で9,000万円の意思表示をしてもダメであることを。

安部さんと加計学園の仲ならまだしも、全く脈略の無い中でそれを提示すれば、間に入っている不動産業者は”間抜け”以外の何者でもありません。

それでもその「買い付け」を出してくれという買主は、売主に対して失礼極まりない存在となります。

常識が無いのか、他の裏の背景があるのか、いざとなって尻込みしたからなのかはわかりませんが、その「買い付け」を売主に提出することが当たり前にできるのは、〇〇とか〇〇の国の人ではないかと思ってしまいます。

金額を安く言うのは自由です。(※なんの背景も無ければ値段交渉はすべきです)

が、相手があり、動いた人たちがいて(不動産屋は仕事なので構わないが・・・)、言った事とやった事が全く違えば、どこかしらにしわ寄せが起こります。

売主さんからすれば、「そんなアホな話をするな!」となりますし、ビジネスが成り立たなかった不動産屋もがっくりです^^。

その間に動いた銀行もガックリですし、諸計算をした司法書士や、現場のチェックをした建築屋さんもタダ働きです。

まあ、それらのお金の絡む業者はまだ構いませんが、持ち上げられるだけ持ち上げられ、落とされた売主さんの怒りのやり場は不動産屋にしかありません。

それまで動いた費用を請求する業者も存在するでしょう。

それくらい失礼な話なのです。

知っておいて欲しいポイントとして
  1. 相手がある事なので、失礼に当たるのか?を考え値段の提示
  2. 今回のように並行して価格が提示されていて、それを下回る答えはそもそもありません。

    あなたの会社の部下なんかが、そんな答えを持って帰ってくるとどうしますか?

    あまりにアホな部下に口が閉まらなくなるか、怒り飛ばすか、見切りをつけるかしてしまいますよね?

  3. 成立しなくても動いている人達がいる
  4. お金が発生しなくても動いている人達が存在します。

    そしてその人たちの誰かが、怒り飛ばすか、見切りをつけられるのです。

    頭を下げるのです。

    立場をなくすのです。

  5. 言った事の責任の重さ
  6. 買主が発した言葉で周囲が動きます。

    誰かが立場をなくし、買主以外は誰もが切ない思いになるのです。

    言った事の責任については、常にこちらの記事を思い出してしまいます。

ちゃぶ台返しをしていいのは、星一徹だけです。

少しでも安く買いたいという心理は良くわかります。

その為に不動産屋なんかが動くのも当たり前です。

しかし動くのはその言葉を前提に動くので、はしごを外されると本当に立場をなくします。

私のこれまでの経験上、こういった方は結果的に高い物を購入されていることが多いです。

なぜなのかは何となく・・・・。

いずれにせよ、不動産取引も商取引ですので、最低限のマナーというかルールというものがあるので、ちゃぶ台返しだけはしないで欲しい物です。