実は地方の不動産業者には

「1棟物の収益物件の取り扱いありませんか?」

という営業電話が東京や大阪の不動産会社から毎日の様にかかってきます。

これはそれらの会社が、地方の収益物件を商品とし、利益を乗せて自社の抱える不動産投資家に転売をする為の、物件入手の為の営業電話です。

この仕組みを知っているほんの一部の賢い不動産投資家は、その余分な利益を支払うことなく、限りなく原価で自分が投資する収益物件を入手しているのです。

今回は業界からの非難覚悟でその仕組みと、収益物件を安く手に入れる方法を暴露してしまいましょう。

あなたもこれで更に勝ち組の中の勝ち組に!?

よくある収益物件の売買の仕組みとは?

まずアパートやマンションを所有するオーナー(Aさんとします)が、何らかの理由でその物件を売りたいとします。

基本的にはそのアパートやマンションを管理している地元の不動産会社へ相談をし、依頼をするわけです(この地元の不動産会社をBとします)。

その時に依頼した価格が9,000万円、表面利回り15%だったとしましょう。

地元の不動産会社はひとしきり販売活動を行います。

そんな時に、冒頭の営業電話がかかってきて、資料を送付するわけです(この会社をCとします)。

不動産会社Cは、自社で抱える投資家達に1億2000万円~、表面利回り10%で物件を紹介していきます。

その中の投資家の一人から購入希望があったとします(購入者をDさんとします)。

その瞬間、不動産会社Cは不動産会社Bに連絡をしAさんから物件を購入する売買契約を締結します。

ほぼ同時に不動産会社CはDさんと売買契約を締結します。

この際に、いわゆる中間省略と言われる契約方法で売買契約が行われ、不動産会社Cは右から左で3000万円の利益を得るわけです。
こんな形ですね。

もちろん、3,000万の中から仲介手数料やインスペクション、家賃保証なんかの経費はかかりますが、それでもほぼノーリスクで2500万円~は利益が残るわけです。

利益については勝手に3000万円としましたが、もっと乗っているケースも多々あるでしょう。

物件の価格や規模によって変化します。

が、私がここ最近で見たものは3000万の物件が5000万円で・・・というパターンが何度かありましたね。

なので利益率という観点からすると、もっと乗っていてもおかしくはありません。

不動産屋がぼろ儲けのイメージはこの辺りが原因なのでしょう。

一部の賢い投資家がやっている賢い手法とは?

収益物件の売買の仕組みの1つのパターンについて理解できたでしょうか?

全部が全部、この形ではありませんが、収益物件に対する投資目的の売買の多くはこの形態です。

なぜこんな形が起こるのかについては、投資家の方達が収益率、利回りを基準に考えているからで、自分が持っている基準を上回っていればO.K!なのです。

しかし冷静のこの仕組みを考えてみてください。

何だかいらない2500万円~3000万円という利益が存在しますよね?

情報料というには高すぎる気もする利益です。

そうなんです!

もう気づかれましたね?

この部分が無ければ、3000万円安く購入することができるんです。

すると利回り10%の物が15%で手に入るわけですから、断然お得なわけです。

一部の賢い投資家がやっている賢い手法とは、この3000万円をカットする、つまり流通コストをカットする手法な訳です。

え?でも具体的にはどうやって?

焦らないでください。

ここからが本丸です。

しかもD社のような不動産業者からは非難と罵声しか浴びせられないような事なので、こちらとしても身構えが必要です^^

が、本来の姿であったり、ユーザーの利益を優先するのであれば、この方法を暴露するのが正しい姿ですから。


売主も買主も得する具体的方法

この方法を用いれば、下手すると売主さんも買主さんも得する結果が生まれます。

・・・・


工事中です。wait as soon

少しでも早く方法を知りたい方はコメント欄からご連絡を。

私が承認しない限りは表面にはコメントは表示されませんので、他人に見られなくても済みます。