多くの消費者、この場合新築をする人になるわけですが、依頼する会社によって工事の金額は大きく変わります。

実際に複数の業者から見積りをとってみると、同じ工事(同じ工事だと思っている)の見積りなのに金額が何割も違う場合もあります。

「見積りの高い業者はぼったくり業者?」

「見積りの安い業者は手抜き工事をするのでは?」


消費者から見るとこの金額差は疑問以外の何物でもありませんが、建築業に携わっている人からすれば、実はごく当たり前の話なのです。

ではなぜこの金額差は発生するのでしょうか?

一般の方は知らない、または知ろうとしない、特に金額だけで決める人には知られていない本当のところを話したいと思います。

新築の価格の成分・内容とは?

昨今では金融機関に提出する見積書等にも小明細や、数量が求められるようになってきました。

これは会社によって違う価格を、金融機関が精査し、実際の担保価値を算出する意味合いがあります。

現実的に流通している部分部分のパーツについての価格はそれほど差がありません。

では何がそんなに違うのか?

何百万も変わるものなのか?

それは建物の金額の内容・成分を細かく見れば、自ずと見えてきます。

建物の代金は

新築代金=職人の日当+材料費+諸経費+会社の利益で成り立っています。

この公式は全ての商品に当てはまると思います。

車もしかり、文房具もしかりです。

商品を作る人がいて、売る人がいて、流通させる経費が掛かるのは、ほとんどの商品で成り立っている公式です。

この公式の中身を分解してみましょう。

職人の日当

京都や奈良の仏閣の修理や、建築を行っているような人間国宝に準じる職人さんを除けば、(地域差を除いて)ある一定の単価で行われているのが通常です。

しかしこの同じ単価の職人さんの中でも、腕の良し悪しはあるので、同じ単価だから同じ仕事内容では当然ありません。

この基準の単価(日当)から更に企業によってはディスカウントをし、利益を企業が得ようとします。

仮に通常の基準が1万円の日当だったとしましょう。

とある企業が日当9,000円で仕事を出せば、企業は1,000円利益を得れるわけです。

消費者には10,000円という一般的な価格なので、違和感はありません。

しかし現場の職人さんは当然10,000円の方が良いので、質が悪かったり、仕事が無い職人さんが9,000円の単価で仕事をするわけです。

同じ10,000円の仕事でも、良し悪しが出るのは当然です。

このことは水面下の裏側の事なので、表ではわかりません。

消費者には同じ10,000円という価格のみ理解されるので、この項目の職人の日当については基本的に同一賃金であると考えます。

材料費は?

この材料費についても、基本的には変わらないと言えます。

会社の発注量によって

「スケールメリットが出るから、お客様に還元しているから安い」

というトークを聞いたことがありますが、これはほぼ嘘と言えるでしょう。

だって、日本中の建築屋さんのシェアの何%をその会社が占めているのでしょうか?

少なくても20%以上を占めていれば、スケールメリットを出すかもしれませんが、それ以下であればその他の80%の不興を買う為、仕入れ値は基本的には同じ価格なのです。

キッチンやお風呂で有名な某企業さんなどの卸値は全国一律なのは有名な話です。

定価100万円のものであれば66万円、みたいな形で掛け率が決まっているわけです。

後は建築会社が利益を設定する形です。

材料費についても一律だと定義します。

諸経費・会社の利益

ここでいう諸経費とは、会社が商品を売る為にかかる費用であったり、会社を維持・存続させるための費用であったり、企業にかかるコストを指します。

このコストは企業によって当然大小があります。

大きな会社ほどコストが係るので、大手のメーカーさんほど諸経費が掛かっているのは間違いありません。

そして、そのコストが商品の原価に組み込まれるので、小さな工務店よりも大手の方が価格が高くなるのは当たり前なのです。

会社の利益についても、ほぼ同じことが言えます。

企業を維持存続するためには、大きくなればなるほど、メジャーになればなるほど利益率が高くなければ成り立ちません。

〇〇ホームのようにテレビCMなんかを大々的にすれば、当然何億ものコストが掛かっているわけなので、その分利益を確保する必要があります。

安さを売りにしているかもしれませんが、あれだけ経費を掛けれているのは、単純に利益率が高いとも言えるのです。


ここまでの説明で、新築の価格の差が企業の経費や利益率で変わるというのが何となく理解できたでしょうか?


新築をする会社の形態・種類

価格の差が企業の経費や利益率で変わるという事ですが、会社にも色々な形態が存在します。

  1. 職人が営んでる個人店

  2. 工務店など

  3. 営業会社

大きく分けるとこんな感じでしょうか?

設計士さんが監修するパターンは1もしくは2の形態の会社が施工をし、総額の何%という形で契約がなされるので、今回は省略しますね。


職人が営んでる個人店

今や絶滅危惧種となっている個人で仕事を取ってきて、施工を行う大工さんなんかがこれに該当しますが、基本的には身内や知り合いに職人さんがいなければ、頼むことって無くなっています。

が、実はそもそもの原価は一番安くあがるはずなのが、この職人さんに直接発注するパターンです。

必要なのは材料費と日当と少ない諸経費ですむので、いわゆる工事の原価で済むわけです。

(日当15,000円 + 材料費20,000円 +経費2,000円 だとすると37,000円が工事原価となります。)

しかし家を建てる側からすると、30日でできることを35日かかってしまってもわかりませんし、いわゆるドンブリ勘定的な要素が多く、工程や価格にズレが生じることが多かったりしたことや、後々のアフターや住宅の保証の問題などもあり、時代の流れとともに絶滅の危機に瀕しているのです。

まあ、知らないおじさんに頼む事程、不安な事ってないですよね?

ましてや新築ともなると、どのグレードのものがどの金額で、どの日程でできるのか、保証の体制はどうなのかが定まっていなければ、不安しかありませんので、新築を依頼する事もあり得ないと言えるでしょう。

工務店

同じ仕事を工務店に頼んだとします。

工務店とは職人が営んでいる個人店と違って会社組織です。

大工工事を専門とする会社は「工務店」ですし、塗装を専門とする会社は「塗装会社」です。

従業員3人の会社もあれば何十人も雇っている会社まで、その規模は様々です。

会社組織になったところで、同じ工事をするには同じ費用が掛かります。

ただ、夫婦だけでやっているような個人店と違って、事務所の経費や会社の利益を確保しなければなりません。

前述の37,000円で引き受けてしまうと会社の利益はなくなってしまい、事務員さんの給料も払えなくなってしまいます。

ですから工事店はこの金額で仕事を引き受けることはできません。

37,000円は工事店にとっての原価になるのです。

なので、工務店が仕事を請け負う際には37,000円に利益が確保され、40,000~50,000円くらいになっていくわけです。

ここで会社の利益が発生し、15~30%程度の利益が工事内容や、会社規模によって確保されていくのです。


営業会社

この営業会社とは、現在多く広く知られている会社のほとんどが該当します。

大手のハウスメーカーは正にこれですね。

その会社の人間(職人)ではなく、下請けの工務店や職人さんが施工するパターンで、実際にその会社の人間や営業マンが工事をするわけではありません。

中にはプラン図面ですら外注するような所もありますし、要は販売を目的とした営業の会社なのです。

TOYOTAは自社で工場を持ち、自社で生産し、自社や代理店で販売をしますが、新築についてはある一部を除いてはそうではなく、職人さんや工務店に発注する仕事を代行・プランニング、営業販売する会社が多いですね。

決して悪いわけではありません。

当然その分利益が発生し、コストアップになるわけですが、お客さんからするとわかりやすく、品物を想像しやすくなる為、トラブルが少なくなるといった事もありますし、会社がしっかりしていれば安心感もあります。

日本人の多くは、この安心とコストの両方を考慮し、何となく安心を優先していった結果が今の状況なんだろうと考えられます。


高い=安全・安心

決して100%ではないですが、多くの場合はこの公式によって建築を依頼しているのが実情でしょう。

そうでなければ、個人経営の大工さんがもっと施工していなければおかしいですし、〇〇ハウスのような会社がもっと倒産しているはずです。



違和感のあるローコスト住宅

決してローコストを謳っている会社を全否定するわけではありませんが、ここまでの新築の家の価格の内訳と業態から考えると、ローコストを売りにしている〇〇ハウスというような、大きな会社に違和感を感じませんでしょうか?

例えばAハウスという会社が2,000万円の見積もりを出してきたとします。

そこへローコストを謳うBホームという会社が1,500万円という見積もりを出してきました。

よくあるパターンですよね?

Aハウスは地元の工務店と営業会社の合体した形態で、Bホームは全国展開をする有名な会社ですが、使用している材料や仕上がりは、素人には同じに見える。

であれば当然Bホームを選択するわけですが、なぜこんなにも差が開くのでしょうか?

それを突き詰めない方はB社で建築をし、突き詰めて選択する方はA社もしくはほかの会社を選択するのです。

設定の金額差が大きいですが、同じもので同じ企業規模でも、ここまで差が出ることはあり得ません。

A社も営業会社ですから、適正な利益水準であれば仕事を取りたいのですから。

答えは簡単なのです。

単純にB社の本当のグレードが低いだけなのです。

例えるならば、ワゴンRをクラウン風に見せた車と(無理がある?)、クラウンの見積もりを、同じ車の見積もりだと思ってしまっているのです。

確かにハウスメーカーと言われる会社の製品で、高い!と思う事は多々あります。

しかしそれは私が原価を知っているからであって、AとBを比較してではありません。

そもそもAとBを比較する事がおかしいのですが、一般の新築をしようとしている方はその事がわかりません。

Bホームも当然の利益を確保しているので、利益率の差ではないにも関わらず、一般のお客さんはA社が高いと思ってしまうのです。

心理的思い込みによるものなのですが、これを突破するのは大変です。

そこで最初に説明した、新築の価格の成分を考えれば何となくわかってきます。

職人の単価が同じ、材料費が同じ、利益率は当然Bホームの方が大きい(大きいのですが、低い・安いと錯覚している)、諸経費もBホームの方が大きい


にも関わらずAハウスよりBホームの方が安い・・・。

これはそもそもの比較前提が間違っているとしか考えれないですよね?

でなければ、Bホームが余程利益を取っていないか・・・。

Bホームが利益を取っていない事はあり得ません。もし仮にそうであれば、すぐに倒産してしまいますから。

じゃあ、比較しているものが違う・・・という訳です。

BホームはワゴンRを必死でクラウンに見せているのです。

クラウンを買いに来た人がワゴンRを買って帰ることはあり得ませんよね?

ワゴンRの内装や、カーナビ等のグレードを上げ、さも似たような性能の車であるように振る舞っているに過ぎません。

その設備だけをみて、同じように感じてしまい、安く感じてしまっているのです。

ワゴンRはいい車です^^

けなした様になってしまいましたが、私も乗っております。

ワゴンRを買いたい方はワゴンRを買いに行かなければいけないのです。

ローコスト系の会社の悪いところは、そのなんちゃってブリと、価格というお得感で、グレードの低い物をそこそこのグレードであると装っている所にあります。

利益は同じ、もしくは高い。

商品は同じ。

にもかかわらず安い。

何てことはあり得ないのです。

計画倒産を目指せば別ですが・・・。

何を基準に判断すれば良いのか?

全く100%同じものを工務店や個人の大工さんにお願いすれば、ローコスト住宅と言われる〇〇ホームよりも安く建てる事が理論的には可能で、後は価格と会社の信頼性の問題となるわけです。

表面の価格だけを見て決める方は、それはそれで価値観が数字だけなので、それでも良いでしょう。

クラウンもワゴンRも、車は車ですから。

しかしその価格は、所詮グレードが低すぎることを誤魔化している数字にすぎません。

実はワゴンRですら無いのかもしれませんね。



家というものに命を、魂を注いでいる、現場の本物の職人さんにはその違いが明らかにわかるそうです。

こだわりが全くない方なのであれば金額だけで決めて下さい。

総合的な評価で決める!というのであれば基準を持ってください。

  • 価格力
  • 提案力
  • 技術力
  • 現場管理力

といったようなポイントが挙げられると思いますが、それぞれ重視するところを明確にしておくことが大切なのです。

自分で通知表のようなものを作ってみても良いかもしれませんね。