豊洲、森友学園などで、不動産の売買を巡る、地中の埋設物や汚染についての問題がクローズアップされている昨今ですが、昔にどのようなものがそこに埋められていたかは、掘って見なければわかりません。

中には所有者自身が、全く知らない間にゴミ等が埋められているケースも存在するのです。

嫌ですよね。

いざ家を建てようとしたら地中からゴミや産廃が出てきたりすると。

案外と昔からある宅地って恐ろしいもので、地中に何があるのかはわからないものなのです。

今回は実際にあった事例についてお話をしたいと思います。

宅地の中には何が埋まっているかわからない



この写真は造成工事開始後に、地中からコンクリートの塊や、木材片、波板片等の建築資材が出てきたので、土地全体を掘り返し、異物を撤去している所です。

写真右中くらいにコンクリートの塊を集めているのがわかるかと思いますが、撤去する必要性があったので全てにおいて掘り返して確認・撤去をしています。

この敷地は昭和40年くらいから今の姿になっていたそうで、私がこの場所を知ってから10年くらいですが、その間は駐車場として貸されていました。

それ以前は建築屋さんの資材置き場として貸されており利用されていたそうです。

土地の利用履歴からすると、恐らくこの建築屋さんが当時に現場で出た物をそのまま埋めてしまったのではないかと思われますが、定かではありません。

また、昭和40年~50年くらいのモラルでは、埋めて当たり前だったのかもしれません。

数年前の中国のような感じでしょうか?

列車ごと埋めてしまう事例がありましたが、それが普通の感覚であったのかもしれません。

昭和の時代の日本でもそれが当たり前だったのかもしれません。

今とは当然モラルや、環境に対する考え方、地盤に対する施工方法なんかが全く違う訳ですから、ある程度仕方のない事だと言えるでしょう。

我々が今普通に行っている事の中にも、将来的には非現実的な事がたくさんあるのかもしれませんし、時代が変われば常識が変わるので、埋まっていた事については文句の以て行き先がありません。

我々は平成29年の常識で行動するしかないので、その常識の物差しと費用負担でコンクリート片などの撤去を行うのです。
スポンサードリンク

農地の場合は綺麗な状態

上記で起こった事は、宅地であればどこにでも可能性がある出来事です。

50年前にどこのどの様な土を利用したか?何を埋めたか?

何てことは、ほとんどの人がわからない事なのですから。

これが農地であれば、その地下に異物が埋められていることは基本的に考えられません。

特に田んぼであれば数十年~下手すると数百年の間、田として利用されており、地中に物を埋めるという行為がなされることは無かったはずですから。

自分たちが食べるものを作るのに、悪い物を埋めて作物を耕作する日本人はいないでしょうから、この事については想像しやすいですよね?

つまり現代において、地中の中の事を気にするのであれば、農地からの宅地転用であれば、異物が混入される恐れはほとんどない(ワザと入れる以外)と言えるでしょう。

結論からすると、宅地より農地の方が、地中に対する安全・安心度は高いと言えるのです。

また、農地は地上げが必要なので、地盤の強度について指摘を受ける事が多々ありますが、宅地でも農地でも、建築に必要な地盤の強度についてはほぼ関係ありません。

指摘されているのは田の土の部分の事であり、30CMくらいの層については確かに柔らかいので、対策を講じる必要はありますが、建築に必要とされる地耐力はその遥か下の層の強さですので、農地であろうが宅地であろうがあまり関係ないというのが今の常識です。

盛土される部分については十分な転圧を行えば全く問題ないのです。

地盤改良や補強工事が必要なのは、遥か地中での地耐力の数値が足りないときなので、どこにでも起こり得るのです。

30年前は、個人の家を建てる際に、地盤調査なんて行っていませんでした。

現在の常識なのですが、50年先はもっと変化しているかもしれませんね。

地中の問題が気になる方は

昨今の問題で、地中埋設物について気になって仕方が無いという方は、農地をご自身で宅地に変えていく方法を取られることで、ある程度の対策にはなると思います。

実際に農地の下から出てくるものは・・・私の経験上ですが、よくあっても石器とか土器とか、文化財と言えるようなもので、環境に悪い物にはお目にかかっていません。

むしろ一番危険なのは、恐らく高度経済成長の時代に埋め立てられた所ではないでしょうか?

戦後、昭和の時代、特に40年以降に埋め立てられた所については、その当時の常識が、今では考えられない事になっていますので、可能性が高いと言えるでしょう。

もしあなたが、地盤について興味を持ち、土地を購入しようとされているならば、土地の経歴についても、できる限り調査された方が良いと言えるでしょう。

できれば、いつ頃・誰が・どのように、埋め立てた物なのかが判ればある程度の判断が可能だと思います。

参考にしてください^^