先日当ブログを読んで頂いた、県外の不動産屋さんのまじめな営業マンの方から相談がありました。

もでる

「仲間内や知り合いの業者間での取引で、お客さんが被った場合や取り扱いはどうされていますか?自分の会社が取り扱っているのを知った上で、売主さんも買主さんも持っていこうとし、出来ないと見るや話を壊しにかかられています。業者間でのルールというか、暗黙の了解というか、どうするのが正しいのでしょうか?」


簡単に言うと、こういった内容でした。

こういった水面下の出来事は普通に起こっています。

そして性格のいい不動産屋さんと性格の悪い不動産屋さんとの差が明確に別れる出来事だと言えます。

悪い性質の不動産屋さんを見分けるのは、一般の方には難しい行為です。

見た目や物言いはそれらしく振舞うので、余計にその違いを見分けることは困難です。

そこで、水面下でよくある?今回のご相談の事例から、性格の悪い不動産屋さんの特徴を考えたいと思います。
スポンサードリンク

自分ファーストな性格の悪い不動産屋

冒頭の質問に対して細かい部分はさておき、「お客さんの利益を優先させることを考えて」どうすればお客さんが一番得なのかを自分なりに考えて行動すれば、今回結果が伴わなくても良いのでは?・・・という返答をしました。

相手が完全に相談者の方をバカにして下に見ているのは明白ですが、小賢しい事です。

本質的に「お客さんの利益を優先させることを考えない」不動産屋は、いざという時にも責任を取りません。もしくは取ったふりをする・・・。

キレイ事を言っているようですが、それを感じれない不動産屋さんとは関わりを持たないのが私のポリシーだからです。


不動産の物件については、扱う業者が複数あることがあります。

そして狭い町では買主さんが被ることも当然あります。

そんな中で、取った取られたというのが仕事上発生してしまう事があります。

そうなる事が嫌な場合、通常知っている業者さん同士ですと、お互いで取引が成り立つようにするのが普通の性格がイイ?、人として当たり前の不動産屋さんです。


しかし、性格の悪い不動産屋は人の裏をかいて、根こそぎ持っていこうとします。

表面上は、「取った取られたが嫌だから、お宅には前もって言っておきますよ?」なんて言いながら、裏では逆のことをしている訳です。

持っていけない場合は話自身を混ぜ繰り回して、壊そうとします。

確かに競合になった時の営業行為としてはあり得るのですが、そこにはお客様ファーストは存在しません。

要は自分ファーストなのです。

知らないうちに売主さんや買主さんの利益が損なわれてしまっているんですね。

残念ながら、この行動の本質がお客さんに直接わかる事はほとんどありません。

そこにはもっともらしい嘘や理屈が並び立てられているからです。

知っている者同士の中でも自分の利益を優先させていく、残念ながら人間としてはクズの部類の不動産屋が存在するのは否めません。

ではどのようにすればその見分けができるのでしょうか?

本質的に自分ファーストな不動産屋を見分けることができれば、お客さんの利益を損なう確率は当然減ります。

相談者さんからの情報では、性格の悪い自分ファーストな不動産屋の特徴として、

  • 基本的に上から目線(フリをするので・・・わかりにくいかも)
  • 大した苦労をしていないのに、してやった感が強い
  • 下請けや協力業者からは人間として嫌われている
  • 自分は常に正しくその考えを押し付ける
  • といった特徴があるようです。

    周囲の人間のほとんどがそう思っているのですが、性格が悪いのでその事を理解していません。

    え?自分ファーストで何が悪いですって?

    確かにトランプ氏を筆頭に世の中自分ファーストの風潮がありますが、それでもトランプ氏は一部の人たちの言葉や気持ちを代弁しています。

    不動産屋のこういった裏側の出来事は所詮自分の利益でしかないので、誰かの意見を代弁している訳ではありません。

    要は中華思想なんですね。自分が世界の中心。

    結論として、こういった特徴が見えたら関わらない事・・・もしくは日米安保条約のような抑止力を持つことが自衛の手段と言えるでしょう。

    win-winの関係を言い出す奴はロクな奴がいない?

    面白い記事を発見したのでご紹介します。


    この記事に書かれている様に、自分からWin-Winと言い出す人間の多くは、自分ファーストありきでWin-Winなのです。

    周辺の迷惑やダメージについては一切お構いなし。

    結果、winの相手のプラスにはならないという悪循環なのですが、一瞬の利益を以て相手の利益の様に振る舞う輩にも注意が必要という事でしょう。

    「双方がwin」ではなくて「他の人もwin」「みんながwin」という発想がないと記事では述べられていましたが、まさにその通りでしょう。

    この特徴も、自分ファーストの不動産屋にあてはまるので、注意点として捉えてみてください。



    全く関係ない情報ですが、ネガティブなお話だったので、明るくなる、最近私が感動した動画をご紹介します。

    ご存知の方も多いかもしれませんが・・・一生分の夫婦の会話づくりが目的でドローンと共に世界一周ハネムーンにいかれたそうです。

    ドローン片手に世界一周新婚旅行!日本人カップルの「自撮り空撮」


    とてもさわやかな気持ちになれると思います^^

    彼らは人生をとても楽しんでいますね。

    普段汚い世界に身を置いている事を痛感してしまったりするわけですが、できれば仕事を通じてこういった気持ちよさを持ってもらえれるような存在になりたいものです。