現在進行形で不動産に売却をしているが・・・中々売れない・・・そんな風に悩んでいませんか?

不動産が売れないという悩みを抱えた方がやらなければいけない事を考えてみましょう。

スポンサードリンク

不動産が売れない時に取るべき行動

まずは売れない理由を特定することが大切です。

基本的に考えられる理由は

  • 価格

  • 需要の問題

  • 時期

  • 周辺要因


  • 等が考えられますが、多くの場合は価格による部分か、需要の問題による部分でしょう。

    そして売れない原因が把握できれば対策を考えます

    単純に価格だけの問題であれば価格を下げれば解決できますが、かといって安く売りたくもない。

    この部分については、売却に対する必要性と時間との整合性が大切になります。

    売れなくても問題ない場合は、価格を極端に下げる必要性はありません。

    しかし売れなくては次の行動が取れない、時間が無い、といった場合はなるべく正確に価格を下げる必要があります。

    要は原因の特定と改善策の実行の繰り返しです。

    ここからは原因の特定方法と、対策について考えてみます。
    住宅ローンs

    不動産が売れない場合の原因の特定方法と対策

    基本的には一般の方が売れない原因について特定するのは難しいでしょう。

    直接問い合わせを受ける訳ではないですし、どれだけの広告がなされ反響があったのかの根拠を持たないからです。

    これを持つ不動産業者が正確な数値を開示できれば問題なく把握できますが、そうでない場合は不動産業者の感覚に頼らざるを得ません。

    これでは正確な理由の特定は難しいですし、不動産業者のさじ加減的な方法に任せるようになってしまいます。

    それでもうまくいくことも多いのですが、本当に困っている方には手遅れになる致命傷になることもあり得ます。

    要は正しい情報の開示が必要で、その情報をもとに対策を講じなければいけません。

    athome等を利用している不動産業者であれば、当該機関の閲覧数や反響数がDATA化されているので、正確な数字がでてきます。

    つまり最低限ネット上での情報登録をしている会社を選定する必要があると言えるでしょう。

    そしてそのDATAを元に対策や心構えをする必要があるのです。

    例えば閲覧数は多いが反響が少ない場合は、「需要はあるが価格が高すぎるために反響が無い」と推測できます。

    この場合には単純に価格の調整で改善される可能性が高いです。

    閲覧数も反響数も少ない場合、「そもそも需要が無い」可能性があります。

    この場合は気長に売れるのを待つしかない可能性もありますし、思い切って業者の買い取りなどを検討する必要があるかもしれません。

    いずれにせよ、DATAをもとに原因を考え、対策を考える事が必要で、価格に対しての根拠を明らかにしてくれる信用出来得る不動産業者が必要です。

    今現在売れなくて悩まれている場合は、依頼する不動産業者を増やしたり、変えたりする必要があると言えるでしょう。

    不動産が売れない場合の1つの選択支

    不動産が売れない場合の1つの選択支として、依頼する不動産業者を増やしたり、変えたりする事があるのですが、その場合に便利なのが不動産の一括査定サイトです。

    実績のある不動産業者が登録しており、最大6社程度まで同時に依頼ができる便利なサイトです。

    あなたの持つ不動産の売却成功の確率を上げる為には当然利用するべきでしょう。

    数打ちゃ当たるではないですが、それだけ可能性が広がり確率が高まります。