子供のストレスをできるだけ軽くする、離婚するときの3つの心構えとは?

子供は見ている、その姿

離婚というのはたとえ手短に、穏便に済ませることができたとしても、決して簡単なものではありません。

そして子供がいる場合は、子供たちにとってできるだけストレスが少ない離婚になるよう、どんな手段でも尽くしたいと思うでしょう。

今回は離婚の際、子供たちへの負担をできるだけ少なくするための3つの心構えを紹介します。

この3つの心構えは、離婚の前後における、あなたと子供たちのストレスを減らしてくれます。

そして、精神的な苦痛をともなうできごとではなく、あくまで変化のひとつとして、離婚を円滑に進めることにつながり、お互いが心掛けることで子供のストレスを減らせるでしょう。

あくまで気の持ち方ではありますが、必ず役に立つはずです。

何よりその姿を子供が見てくれているはずです。

子供の将来の為に、3つの心構えを覚えておいてください。
離婚相談 新居浜

パートナーとの争いを最小限に留める

まずあなた自身と別れたパートナーを、ある程度は許すことから始めましょう。

許すことは言うほど簡単ではありませんし、状況によってはほぼ不可能ということすらあります。

顔を見る事すら嫌悪感を感じて、敬遠したがるようになってしまうのは、ある意味仕方の無い事です。

しかし、お互いを許すことで子供たちのそばで衝突する機会を減らすことが簡単になります。

もう一度言います。

子供はその衝突も見ています。

ここでの目的は、顔をあわせるたびに口論をしたり、ネガティブなコメントをすることなく、子供たちが両親とできるだけたくさん、できるだけ心地よく会うことができるようにすることです。
スポンサードリンク

子供の環境がなるべく変わらないようにする

離婚だけでも十分大きな変化です。

それに加えて発生する生活の変化を少なくできれば、子供が耐えなければならないストレスも、少なくできます。

転校、引っ越し、家計所得の変化による生活の質の変化、両親の新しいパートナーたちなど、これらはどれも子供にとってはストレスが発生するできごとです。

避けて通ることのできないものもありますが、それらを最小限に抑えるように努めましょう。

そして、子供が離婚後の生活に適応しやすくするため、これらの環境の変化が起こる時期についてや、また子供たちの負担を減らすために何ができるか、気にかけることが必要です。

子供たちに気が回るよう自分自身もケアする

自分自身をいたわるのは、とくに離婚のような辛い時期には重要なことです。

自分自身のストレスを減らすことで、良き親となり、また離婚により生活が大きく変わる中、子供たちが安心し、愛されていると感じるため何を必要としているかに目を向けることができます。


再度言います。

子供は見ています。

あなたとパートナーのあり方で、将来の性格形成や、ストレスに対する対処の仕方などを肌で学ぶのです。

言い争うような事ばかりであれば、子供が同じ境遇や、ストレスにさらされたときに、言い争いで解決しがちになってしまいます。

子供は親を映す鏡なのです。

子供の年齢を問わず、これらの3つのことを意識することで子供たちが離婚という事実に対応しやすくなります。

また離婚してどのくらい経つかにかかわらず、これら3つの心構えについて、取り組むことが大切です。

子供とあなたの明るい未来の為、”3つの心構え”を覚えておいてください。