違約金とは


第420条

1.当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる。この場合において、裁判所は、その額を増減することができない。

2.賠償額の予定は、履行の請求又は解除権の行使を妨げない。

3.違約金は、賠償額の予定と推定する。


契約当事者の特約により債務不履行の場合に債務者の支払うべきことがあらかじめ定められている金銭をいいます。

債務不履行に基づく損害賠償との関係が問題になりますが,民法ではこれを損害賠償額の予定と推定します。


簡単にいうと民法では債務不履行が生じた場合、相手方に損害賠償を求める権利、「請求権」が発生しますが、損害賠償請求をするためには、損害の発生およびその金額を立証しなければなりません。

これが被害を被っている側の債権者について回る義務で、迷惑をかけられた上に尚、煩わしい行為です。

なのであらかじめその金額を定めておき、債務不履行が発生した場合はその金額が損害賠償の金額であるとし、定めている違約金を請求できるようにしておく事でお互いの利害を守ろうという趣旨だと理解してください。

不動産の契約においては金額が高額な為、お互いに発生する損害も計り知れません。

なのであらかじめ売買価格の10%といった具合にその損害賠償の金額として違約金を定めておくのが一般的です。

定めていない契約もありますが、知らないから定めていない場合もありますので、自分の利害を守るためにも定めておくのが正解です。

※ここでいう債務不履行とは例えば売主が引き渡しをしない場合、買主が売買代金を払わない場合等が該当します。