もでる

不動産屋から訴えられそうです。



そういってAさんからの相談がありました。

その内容を整理するとAさんは

ハウスメーカーの建売を直接ハウスメーカーから購入。

経緯としては、

  1. 最初に不動産屋に行き、案内や資金計画などの話を進めていたが、資金の問題がありお断りをした。
  2. その後Aさんは家を諦めきれず、親族に頼み込んで資金を調達。
  3. 断ってから数日後に、ハウスメーカーと既に直接会っていたので、直接ハウスメーカーに出向き、話を進めて購入した。(不動産屋には連絡していない)。
  4. 後日、不動産屋から連絡があり、本来貰うはずの仲介手数料を請求された。訴訟を起こすと言われた。
という流れです。

もでる

あなたがやったことは常識的に考えておかしい!

話を再開するときに連絡の一本でもするべきだと言われました。

このようなことは初めてで、どうすれば良いかわかりません。

私は支払う義務があるのでしょうか?



という内容の相談でした。

さて実際の所はどうなのでしょうか?
スポンサードリンク

契約をしていないのに、仲介手数料を支払わなければいけないのか?


結論から言うと支払い義務はないです。

仲介手数料は不動産業者が仲介に入って、売買契約が成立して発生するものです。

不動産会社が仲介に入っていないのであれば、売買契約が不動産会社を通して成立していませんので、法律上は、全く支払う必要は無いです。

ただ、断ってから数日後の事であったので、不動産会社からすると、「話をして欲しかった」というのは心情です。

恐らくですが、不動産業者はAさんが仲介手数料を浮かせようとして、直接ハウスメーカーに行ったと判断したのではないでしょうか?

通常であれば、ハウスメーカーから売却の依頼があって建売を販売しているはずなので、
  • 「ハウスメーカーからAさんの件について、不動産会社へ連絡を入れる」
  • もしくは、Aさんに対して
  • 「ハウスメーカーが○○不動産からのお話しなので、○○不動産さんを通してお話しして下さい。」


  • というのが(Aさんは関係なく)、ハウスメーカーと不動産屋との間の業界上のクリーンな取引きです。

    しかしそのどちらも無かったので、不動産会社はAさんが、
    「仲介手数料を削るためにハウスメーカーと話をした」

    と判断したのだと思われます。

    その為ムキになって、Aさんに対する脅迫ともとれる行為に及んだのでしょう。

    しかし、Aさんはその手数料の詳細も知らず、悪意があったわけでも無いので、通常は「すみません、知りませんでした。」で終わる話です。
    新居浜市 売り土地

    信頼関係のない場合は幸せにならない

    ここで押さえておくべきポイントは、仮に悪意があって直接話したとすると、

  • 仲介手数料を支払う必要は無いという事

  • Aさんとお客さんの間に信頼関係が無かった

  • ハウスメーカーと不動産会社の間にも信頼関係が無かった
  • という事です。

    そもそも契約行為はお互いの信頼関係が大切です。

    その信頼関係が無い中で、お金だけ請求するのは理不尽極まりないお話しです。

    自分たちの仕事の浅はかさと、失敗をAさんに向けようとする、こ○きの様な行いだと判断できます。

    出来る営業マンであれば、資金をきちんと説明したうえで、

    「どうしても○○万円足りない。しかし何とかなるのであれば、その物件は欲しい。」という言葉までは、貰うでしょう。

    「資金が何とかなるなら購入されますか?」という言葉一つで、その答えはもらえるんですから。

    そして一緒に解決策を考えるのが、出来る営業マンです。

    お金を用立ててくる、その方法論は当然、営業マンなら心得ておくべき事ですから。

    細かい背景は私の想像ですが、恐らく適当にしか考えていなくて、まじめにAさんに対して接していなかったのではないでしょうか?

    もっとひどく言うと、自分の成績の事しか考えていなかったのでしょう。

    もう一つの大切なポイント

    Aさんにも実は落ち度があります。

    連絡をしなかった・・・というのもそうなのですが、根本的に不動産会社からハウスメーカーの建売を購入しようとすること自体が、間違った行いなのです。

    地域柄とかもあるのかもしれませんが、建売を購入する場合、他の不動産屋を介することで、仲介手数料が発生するだけで、何のメリットもありません(もっともらしい理屈はありますが)。

    こちらの記事を参考にして下さい。


    不動産屋が保証してくれるわけでも無いですし、なんとなれば、仲介手数料分値引きしてくれる可能性すらあるんですから。

    最近私が取り引きした同じ状況の案件でいうと、買主さんからは手数料は頂きませんでした。

    売主である業者さんも、その意向だったので、「業者物件については仲介手数料は貰わない」というのがスタンダードになる時代がやってきているのです。

    そういった事も、少しネットで検索すれば出てくるはずなので、勉強不足という落ち度がAさんにはあったと言えるでしょう。(でも不動産屋が悪い!)

    そういった弱みに付け込む不動産業者が存在するのも事実ですから、皆さんも極力理解を深めて、相手を見極める必要があるのです。