新居浜市の土地の価格についてですが、土地の価格は単価ではなく総額で判断する時代に数年前からなっています。

坪単価という考え方がほとんど意味が無いものになってきているのです。

恐らく人口減少地域の土地については、ほぼ全国共通の現象ではないでしょうか?
下落

単価が意味が無いのはなぜ?

㎡でも坪でも、総額を面積で割った価格が単価な訳ですが、購入する側は単価では考える方はほとんどいなくなりました。

購入する側の意思、つまり”需要”が、土地と建物を新築して”総額がいくら”で計画を立てるからです。

必然と所得に応じた総額が決まってくるわけですが、新居浜市で多い購入層の所得層は、年収が350~500万が大多数を占め、年々その収入層も下がってきています。

この年収から逆算すると、単純に1700~2500万円の総額帯の予算の方が多いと言う事になります。

家の価格は1300~1500万円位の予算組の方が多いので、土地+経費にかけれる予算は自ずと200万~1000万円までと言う事になります。

つまり広い土地だろうか狭い土地だろうが、その価格しか予算に振り分けれないのです。

もちろん、個々の案件で予算は前後しますが、圧倒的にこの層が多いのです。

だから単価×面積は意味が無いのです。
スポンサードリンク

1,000万円を超える土地は売れない現実

上記の理由から、現実的に1,000万円を超える土地は売れない、売れにくいのです。

可能性は0ではありませんが、余程の付加価値が無い限り売れません。

土地が広いというのはマイナス要素にしかならないのが現状です。

数年前であれば可能性はあります・・・頑張ってみます・・・と言えたのですが、今現在それを言う事は土地の所有者さんに対して、間違った望みを持たせるだけの場合がほとんどです。

売る側からすると切ない時代です。

言い切ってあげるほうが親切な場合が増えています。

厳しい事を言われると、やはり人間は面白くなくなります。

少しでも高く評価してくれる、望みを持たせてくれる、そんな不動産業者に心がなびくのもわかります。

が、私はあえて強く厳しく言いたいです。

土地に夢を持ってはいけません。

自分の土地は値打ちがあると思わないでください。

貴方が思っている値打ちの半分だと思いましょう。

本当の親切を目指すべき

あえて強く言いましたが、褒めてくれる不動産屋は今でも存在します。

しかし、本当の意味での親切は、現状の不動産の状況を十分に理解してもらい、甘い考えを変えてもらう事だと思います。

キツク言われた上で、それより高く売れれば多少なりともうれしいですよね?

高く言われて、言われたときはうれしいですが、結果値段がはるかに下がれば、落胆して売却することになります。

そして我々の業務上、夢を持ってもらう事も大切なのですが、あまりにかけ離れる結果になると、恨み節が残る結果となります。

あまり幸せな結果とは言えません。

状況というのは刻一刻と変わりますが、一度タイミングを逃すと、次のチャンスは中々巡ってこないのが現実です。

なので、私はあえて不動産屋が言いたがらない本音を書くのです。

言われた瞬間、「そんな金額ではとても・・・」と思っても、「わかりました」と言って御用聞きをする人間と、理由を説明して「こうしましょう」という人間と、どちらを選びますか?

残念ながら、人間の欲望は前者を選んでしまいます。

理屈ではなく欲望で判断してしまうのです。

この記事を読んで頂いた方の数%の方でも結構です。

「理屈は理解できた」という方が1人でも増えてくれれば幸いです。