長らく不動産業界にいますが、住宅ローンが払えなくなる人の特徴というか、パターンというか、「あ、やっぱり・・・」ということが多々あります。

わかってしまう体質になっているんですねえ。

今回は私の経験上での話なので、当てはまらない場合もありますが、高確率状態で当てはまりますので、

  • これからローンを組んで家を購入しよう

  • 住宅ローンの支払いがしんどくなってきた

  • という方は特に注意して自分に当てはめてみて下さい。

    住宅ローンが払えなく人のよくある3つの特徴

    • 犬や猫を室内で複数(3匹以上)飼っている
    • なぜかはわかりませんが、支払えなくなる方の80%位は犬や猫などの動物を室内で、複数飼われています。

      毎年増えるくらいの勢いです。

      私の経験で最高は猫が30匹でした。

      本人も何匹いるのか、わからなくなっていました。

    • ゴミが整理できない(本人にはゴミではない)
    • 物を捨てれない、固執する傾向があります。

      本人に言わせるとゴミではなく、大切な物であるという答えが返ってきます。

    • 庭の草ぬきや手入れが全くできていない
    庭の手入れは基本的に出来ていないです。

    自然のままあるがまま・・・。

    このうち2つ以上に該当すれば、あなたも立派な債務超過予備軍です。

    離婚相談 新居浜

    お金の事と関係ない要因ですが、当てはまるのが現実です。

    スポンサードリンク

    こんな人は案外大丈夫

    逆に危なそうに見えるが、大丈夫な方のパターンもあります。

    上記に当てはまらない事が前提ですが・・・。

  • 家を建てる際に2割以上、自分で自己資金を用意されていた方
  • この場合基本的には計画性が高い方がほとんどなので、支払いが出来なくなる可能性は極端に低いです。

    自己資金が2割でなくても、その家を購入するに当たって余裕を持った、正しい計画を自分で立てていて、それを実行している方は大丈夫です。

    逆に営業マンの言う通りにやって、ギリギリの計画や無理な計画を実行してる場合は危険です。
  • 給料が下がった・会社が倒産した
  • このパターンが一番危なく感じますが、実際はそうではありません。

    無理な計画をしている場合はOUTですが、計画性が正しければ余裕があるので、案外と大丈夫なのです。

    そして現実に給料が下がったり、会社が倒産したりして支払いが難しくなりそうだと感じたら、計画性が優れた方は先手を打って、支払いに対処する方法を考えています。

    なので案外と大丈夫なのです。


    もちろん職業によっての事故率は違います。

    自営業者が事故率が高いのは当たり前なのですが、比較的安定企業にお勤めの方でも支払いに対する事故は起こります。

    私の経験上、前述の項目に該当する方は要注意です。

    どちらかと言えば性格的な要素にはなるのですが、計画的な人ほど事故率は低いです。

    参考にして下さい。