巷で流行っている、毎日どこかで広告されている不動産の一括査定サイト。

簡単に無料で利用ができる素晴らしいメリットがある反面、そのデメリットや、正しい利用方法については説明がされているサイトを見たことがありません。

実際に運用している側のプロの立場と、実際に依頼をしてみた立場から、不動産一括査定サイトの正しい正確な利用方法について、取り扱い説明をします。

あなたのニーズに合った形で最高の結果を得る可能性を高めるために、不動産一括査定サイトの取扱説明書として要保存です。

不動産一括査定サイトの正しい利用方法

イエウール、イエイ、スマイスター、Re-guide、等各社がそれぞれの協力不動産業者に対して一括で査定依頼をする、ほぼ同じ内容のシステムを構築しています。

各社の相違点は、その協力不動産業者の数や質がそれぞれ違う点です。

査定依頼を複数、限りなく高い価格を求めて、査定依頼をすることが可能です。

これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは利用方法次第です。

こちらの記事では、不動産の一括査定サイトの仕組みとデメリットを思いっきり書いています。

悪い部分も当然あるのですが、その仕組みを理解すれば上手く利用することが可能です。

本気で不動産を売りたい方は、それなりの方法を選択しなければいけません。

世間話程度で、何となく価格を知りたい場合なんかですと、不動産一括査定サイトは非常に有効です。

そのあたりの違いを今回の記事で十分理解しましょう。

不動産一括査定サイトの正しい利用方法は
  1. 買い取り価格と仲介での査定価格の両方の価格を出してもらうこと
  2. 机上査定はなるべくさけること
この2点に集約されます。
住宅ローン

買い取り価格と仲介での査定価格の両方の価格を出してもらうこと

仲介価格だけですと、競合同士の兼ね合いで(自社で商品化したいので)、正確な価格(不動産業者が思っている価格)よりもはるかに金額が跳ね上がってしまう恐れがあります。

「金額が上がればいいじゃん!」という声が聞こえてきますが、仲介での価格は売れる金額ではなく、あくまで希望価格、それで商品として世に出します、という正味の価格とは言えなくなるのです。

いくら他社よりも500万円高く査定価格が出ても、それで売却できなければ全く意味はありません

同じ程度の中古車が並んでいたとして、方や100万円、方や200万円となった時に、誰もが100万円の車から考えます。

つまり、不動産屋さんが他の物件を売却する為の当て物”になってしまう可能性すらあるのです。

しかし、買い取りになると仲介よりは価格が下がります

価格が低いよりは高い方がいいに決まっていますので、仲介の査定に流れてしまうのです。

それは正しい自然な姿なのですが、仲介での査定価格にある程度の正確性が無ければ、ずっと売れないなんていう悲しいお知らせが続く可能性があります。

そこで利用するのが買い取りの査定価格です。

買い取り価格の査定の競争となると、不動産業者は目の色を変えて他社よりも高い価格で、尚且つ自分の会社が利益を上げれるギリギリの価格を提示してきます。

複数の不動産業者へ査定依頼ができるメリットを最大限生かせるのです。

複数の不動産業者の中から、買い取り価格が一番高い不動産業者を選択し、仲介での販売をお願いすれば良いのです

そうすることで一番高く仲介で売る可能性と、買い取りの保証の安心ができるので、一番賢い不動産一括査定サイトの利用方法だと言えます。

※注意点としては買い取り価格には有効期限があるので、その期限が過ぎたときにどうするかと言う事です。

不動産査定書という形で書類で提出してもらいましょう。

不動産査定書には通常、有効期限が記載されているケースがほとんどなのですが、記載が無い場合は記載してもらいましょう。

そして、その期限で買い取って貰うもよし、再度仲介でお願いするもよし、どちらも反響や売却活動の結果によって判断されれば良いと思います。

買い取り価格が一番高いということは、企業努力がなされていることや、利益率が良心的であるという様な判断材料にもなりますし、なにより仲介でも高く売る自信があると言う事です。

もし仲介の価格で高く売る自信が無ければ、買い取り価格は低くなるので、その不動産業者の考えている本当の価格のラインも把握できるのです。

先に述べたように仲介の査定だけでは、自社で商品化する為に価格が上がってしまい、売れなくなってしまう恐れがありますが、買い取り価格を提示してもらう事で、相手の不動産業者の本気が図れるのです。

買い取りと仲介についてはこちらを参考にしてください。


机上査定はなるべくさけること

机上査定については、仲介での査定以上にいい加減な価格が提示されます。

実際に運用していた人間が言うのですから間違いはありません。

こちらの記事を参考にして下さい。



本気で不動産の売却を考え、少しでも高く、メリットを活かした売却をお考えの場合は、机上査定を選択してはいけません。

机上査定を選択する場合に有効なのは、漠然と一体いくらくらいの価値があるんだろう?と思われたときです。

かなりの誤差があるので、その誤差を認識したうえで利用して下さい。

私の机上査定の認識は、”世間話の金額”ですので、かなり適当な場合があると思います。

私が自分の不動産で使用した査定サイトは?

実は私が個人の不動産で使用した査定サイトがあります。

それぞれ各社申し込みをしたのですが、イエウール、イエイ対応エリア外でした。(どんだけ田舎やねん!)

下手すると私の会社に依頼があるかも・・なんて思っていたのですが、案外使えないのが発覚しました。

数社、入力をするのが面倒でしたが、やっと対応可能なサイトを見つけました。

私が結果的に利用したのはスマイスターです。



もう一社査定サイトを利用したのですが、営業電話が半端なく、朝に昼に夜にと、正直うざかったので、すぐに断りました。

応対が丁寧で、査定価格についてもある程度丁寧に調査してくれたので(プロの私に^^)、お任せした次第です。

やはりいくらプロでも遠方の物件はわかりませんので、面倒よりもスピードを重視しました。

まあ、これは参考までにして頂いて(私が当たった会社と営業マンが良かったのかも)、不動産一括査定サイトを利用する際は、その本気度によって利用先は考えましょう。

不動産の査定をするときの動機と正しい選択

不動産査定をする場合の動機は様々です。

  • 土地や家を売りたい


  • 土地や家の評価が知りたい


  • 土地や家を今すぐに売りたい


  • 土地や家をそのうち売りたい


  • 土地や建物の査定書が必要

  • 等々、おかれている状況やタイミングによってその理由は様々です。

    世の中には不動産の無料査定サイトがたくさん存在し、とにかく不動産の査定をすれば良いといったサイトが目立ちます。

    実はそのニーズによって、利用の方法や使い分けが変わったり、あてはまるサイトが変わったりするのです。

    当然ですよね?

    理由が違うにも関わらず、同じ利用の仕方は無理が生じます。

    擦り傷や切り傷にはカットバンを張りますが、風邪には風邪薬を飲みますよね?

    不動産の一括査定サイトは、救急箱のようなものです。

    カットバンや風邪薬などが入っているのですが、症状によって利用するものを選択します。

    不動産の査定もそれと同じで、症状や状態によって利用方法を選択しなければいけないのです。

    案外とこの正しい利用法については語られておらず、風邪の症状の方にカットバンを渡すような結果に終わってしまっているケースが多々存在しています。

    ここではそのケースによって、どのようにどれを利用すればよいのかを簡単に表してみます。


  • 土地や家を売りたい
  • 訪問査定+買取査定+査定書

    イエウールスマイスター

  • 土地や家の評価が知りたい
  • 机上査定

    イエウール・スマイスター

  • 土地や家を今すぐに売りたい
  • 買取査定

    イエウール・スマイスター・Reguide

  • 土地や家をそのうち売りたい
  • 机上査定

    イエウール・スマイスター

  • 土地や建物の査定書が必要
  • 机上査定査定書

    イエウール・スマイスター

    こんな感じが正解と言えるでしょう。

    風邪をひいたときには風邪薬を飲むべきなのです。

    不動産を査定する場合は、症状によって処方箋を変えるべきなのです。

    こうすることで、あなたのニーズに合った形で最高の結果を得る可能性が高まるのです。

    まとめ

    「何となく漠然と価格が知りたい」
    「すぐに売るわけではないが、将来を考え、価値が知りたい」
    「査定書だけ欲しい」
    「不動産屋へ行くのが面倒」


    このような場合には、不動産の一括査定サイトは非常に有効です。デメリットもないと言って良いでしょう。
    今すぐ入力して依頼すべきです。

    こちらからどうぞ。
    イエウールスマイスター

    「本気で売りたい」
    「期限がある」
    「信頼できる不動産屋を探す」


    こういった場合は、2種類の査定をしてもらい、不動産業者と価格の両方を吟味することが必要です。

    世の中には非常に悪質な、無責任な不動産業者もいまだに存在します。

    私自身や周辺で実際に起こっている出来事です。参考までに。


    こういった悪質な不動産業者から身を守る手段としても、2種類の査定を出してもらい、本気度を測る必要性があるといえます。

    あなたが本気であれば、相手も本気であるべきです。

    しかし、不動産業者は海千山千・・・。コンビニの数よりも多いといわれる不動産業者の中から、あなたに最高の結果をもたらす幸運の使者を上手く見つける為にも、必ず実行してくださいね。

    注意点として最後に1つ。

    任意売却に該当する場合は、不動産一括査定サイトを利用するのは全くお勧めしません

    これは時間的にかなりの不利益を被る可能性が高いことと、専門の知識と実務をこなしていないと、本当の意味での対応ができないからです。

    任意売却に対する対応が完璧に行える業者でなければ、一瞬で数百万円~の損失を被る事が起こり得るのです。

    人生が終わりかねません。

    ですから、任意売却の場合は不動産一括査定サイトを利用するのではなく、その街の本物のプロに依頼すべきです。


    これはこれで、本物を見分けるのが難しいのですが・・・。少なくとも不動産一括査定サイトでは時間的ロスがあるので、間違った選択になることの方が多いでしょう。(実際にありました。高い価格で釣られて、結局競売に・・・)

    具体的には
  • 金融機関から代位弁済予告が来ている

  • 代位弁済されてしまった

  • 競売開始手続きがされた

  • 等があげられます。こういった場合はあなたの人生を救ってくれる本物のプロに相談しましょう。

    ちなみに相談だけであれば、私でよければ全国相談に乗ります。もちろん無料で。