仲介手数料とは?


仲介手数料とは、不動産の売買や賃貸で、不動産会社が売買・賃貸契約を成立・成就されたときに、不動産会社に支払う成功報酬のことです(ここでは売買を基本に説明していきます)。

ここで大切なのは、あくまで成功報酬ですから、売買や賃貸の取引が成立しなければ、不動産会社は仲介手数料を請求することはできません。また、契約が無効や取消となったときも、支払う必要はありません。

不動産先生2

売買契約成立時に仲介手数料の半額を請求する業者もありますが、解約になったときの取り決めが無い限り、その半金は返還されるべきものです。(契約の内容にもよります)



仲介手数料の算出方法は?決め方は?


近年は仲介手数料を減額したり、ゼロにする不動産会社も出てきていますが、基本的には仲介手数料は上限が法律で定められていて、それを超えない範囲内で不動産会社が自由に決められ、上限いっぱいに設定するのが一般的です。

宅地建物取引業法第46条及び国土交通省の報酬に関する告示

宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。
2.宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。
3.国土交通大臣は、第一項の報酬の額を定めたときは、これを告示しなければならない。




「不動産業者の事務所内に必ず掲示されている報酬規程を簡単に表にしたものがこちらです。」





売買価格(消費税除く)仲介手数料(消費税含む)
200万円以下5%+消費税
200万~400万円以下4%+消費税
400万円~3%+消費税


不動産先生

この金額以上の請求があった場合は基本的に違法です。不動産屋の仕組み参照



よくある質問


仲介手数料はいつ払うの?
宅建業法では支払い時期については特に決まっておりません。

会社によっては契約時に半金、決済時に半金というところもありますが、

諸費用まで含めてローンで買う方は仲介手数料を先に払えませんので、
その場合は決済時に全額いただきます。

不動産屋に払う手数料以外の費用って?
払い先が不動産屋であれば基本的にありません。

特別な取り決めが無い場合は仲介手数料以上を払う必要は全くありません。

事務手数料、広告費等名目を変えても同じです。報酬規程を超えてはいけません。


仲介手数料が不要なケース ~絶対損をしない為に



不動産業者が売主の場合

この場合は手数料を請求することはできません。

もでる

代わりに建物がある場合にのみ消費税が発生します。土地については消費税は発生しません。

※例えば 1500万円の中古住宅の場合ですと 土地1000万円・建物500万円 という風に分かれるのですが、500万円についてのみ消費税が発生します。



不動産業者自らが売主となる場合仲介手数料は発生しませんが、間に仲介業者が入ると仲介手数料が発生します。

直接売主の不動産業者と話をすれば必要ない手数料になると言う事です。

逆にいうと売主が業者で、間に仲介業者がいたとしても、今の時代に買主にその手数料を請求する仲介業者はナンセンスです。

悪徳に近い感覚です^^

このことを知っているだけで数十万円から損をしなくて済みますので、要チェックです。