土地や家を売る”という行為は、成功する為には知っておかなければいけない事があります。

あなたの損失を防ぐため、今回は土地や家等の不動産を売る時に知っておかなければいけない事をお伝えします。

不動産の売却方法は2種類ある

  1. 不動産業者による”仲介
  2. 不動産業者による”買い取り

大きく分類してこの2つの不動産の売却方法が存在します。



細かい内容についてはこちらを参考にして頂いて、あなたが置かれている状況に適しているのはどちらなのか?という判断をして下さい。

知らないと時間だけ過ぎていき、気づくと損失が膨らんでしまう事も多々あります。

土地や家を売ると税金がかかる

土地や建物を売ると言う事は、「所得がある」と言う事です。

つまり”税金がかかる可能性がある”ということです。

不動産の売却についての税金は”譲渡所得税”と呼ばれます。

もちろん税制で特別控除があったり、原価が掛かっていたりしてこの譲渡所得税が掛からない方もおられるのですが、基本的には譲渡所得税15%、住民税5%、合計20%が税金として課税される場合がほとんどです。

不動産を売却した翌年に確定申告が必要になります。(※税金がかからない場合にも必要です)


税金の説明が出来ない不動産屋も存在します。

この説明が無くては後から莫大な税金がかかって、”売らなければ良かった”なんて結果を生むことも起こります。

一つの判断基準の参考にして下さい。説明できて当たり前です。

売却の失敗は不動産の査定の失敗から始まる

何度かお伝えしましたが、不動産の査定の方法を間違えると残念な結果が起こる可能性が高いです。

高く売りたい”という人間の欲に訴えかける一括査定サイトを利用して、残念な結果になっている方を大勢みています。

今日も引っかかった人を見てしまいました。

都会や地価が上昇の傾向にある地域では有効な査定方法ですが、地価が下落している地方では完全にマイナスな作用しかありません。

JAROに訴えたくなる様な誇大広告に引っかからない為にも一括査定サイトは、うまく利用しなくてはいけません。

土地や家を売る事は得な行為か?

あなたの所有する土地や家が不良資産、不要資産であるならば売却は必然です。

しかし自分が思う価格と実勢価格とはかけ離れたケースも存在します。

おかしな不動産屋に引っかかる前に、ご自分でもある程度の確認は必要です。

とにかく地方都市での不動産の売却は時間との戦いです。

資産価値が目減りしてしまってからでは遅いのです。

売る選択と共に、土地や家の有効な活用を考えましょう。
不動産を働く営業マンに育てよう!土地・不動産の有効活用とは?

不要な不動産は売却、働く不動産は収益を生むので有効活用!

どちらも人に先んじた方が恩恵を受けます。

いずれにせよ余剰な不動産については、どちらが有効なのか、どうすればよりメリットがあるのかは十分に吟味する必要があります。

土地や家についてのポジションを確認する事が大切

土地や家を売るにしても有効活用するにしても、今現在の資産価値を正確に把握し、打てる手を打つ!これが最善です。

その土地や建物が現在置かれている状況が解らなければ、結局損をする事になるのは明白です。

未来の状況予想も対策も打てません。

あなたは自分が所有する不動産についての認識を簡単に考えていませんか?

地方都市においては2025年というのが最終タイムリミットと言われています。

2025年には東京の人口すら現象が始まるとされているからなのですが、それまでに売れない不動産は、売れなくなる可能性が高いのです。

「現実を受け入れ、損をしない為の対策をする」為には、あなたが自分の所有する不動産について信頼できるアドバイザーを見つけることが大切です

不動産業者の中には危険な方が沢山存在しますので、広告屋宣伝、CMに惑わされることなく、一番有意義な売却を可能にしてくれるアドバイザーを選別しなくてはいけません。

あなたにとって最良な状況を考えてくれる、知識と資格と実務を兼ね備えた良きアドバイザーを選びましょう。

自分の利益を優先する不動産業者はどんどん排除して、耳に痛い事でも言ってくれる真のアドバイザーを見つけれれば、不動産の売却は成功に近づきます。