前回さわりだけご紹介したサンドバックシステム。

実は社内だけでなく、社外の人間にも適用されていました。

やはり北朝鮮と同じで、対外的にも強硬姿勢なのです。

今回はテポドンで脅された方の例をご紹介します。
北朝鮮

銀行員を朝礼に呼びつけ土下座

当時住宅ローンについての約束を破った某銀行の副支店長。

この方が朝礼にご招待されたことがありました。

てっきり「住宅ローンをその銀行で案件相談してあげてくれ」的なご紹介キャンペーンかと思いきや・・・。

極悪君

今日は○○銀行の副支店長××さんに来てもらいました。

この××は私とお客さんに嘘を付いたんです。

その嘘によって会社とお客さんは多大な迷惑を被りました。

この××が約束を破ったからです。

今ここで社員が納得いく説明をして下さい。

出来ないなら、今ここで土下座して皆に謝ってください。



口調は優しく書きましたが、実際は完全に脅迫でした^^

テポドンで脅されたこの副支店長さんは、結局頭をズリズリして帰っていきました。

恐ろしい話です。全く違う会社の、しかも銀行様の肩書ある人を呼びつけて土下座って・・・。

こんな感じの出来事はしょっちゅうでした。

外に対してもこんな感じですから、社内の私達なんてどれだけエグかったか想像がつきますよね?

役所や法務局、銀行、このあたりの外部に対しての攻撃は徹底していました。

私などが言われたまま帰ると、納得いく答えが返ってくるまで何度も行かされました。

良く言われていたフレーズが

極悪君

お前がやってる事は女を触るだけ触って、そのまま帰って来てるのと一緒。

最後までやって発射して来い!

です。^^ 
名言です!

私もその教えの元、若造のくせに調子に乗って外部の方を恫喝したこともあります。

それが仕事だという空気があったのも事実ですが、今考えると滅茶苦茶です。

やーさんより性質が悪い。

yesの答えが出るまで引き下がらないですし、恫喝、脅迫まがいの事も当たり前でした。

私がサンドバックシステムの餌食になっていた頃は、○○組で草履番の修業して来い!とよく言われたものです。

スポンサードリンク

不動産業者の虎の穴

サンドバックと化した私たちは当然精神的に追い込まれ、いつ壊れてもおかしくない状態でした。

なぜ続いたのかそれは今でもわかりません。

3年ほど経過すると一通りの仕事は何となくこなせるようになります。

そこから先は応用が利く時代に入っていくのですが、この3年間を耐え抜く人間がほぼいないのです。

3年耐えれば半人前くらいにはなれますので、業界の一部では”虎の穴”と呼ばれていたようです。

現実的には完全な北朝鮮システム!

そんな北朝鮮システム”虎の穴”の生活の中で最も恐ろしい時間帯が、夜の9時が過ぎてからでした。

生活の流れとしては

8:40出社

9:00~ミーティング

11:00~12:00 雑務

13:00~17:00 営業回り

17:00~18:00 報告

18:00~ 営業回り

21:00~ 書類作業

といった感じが多かったのですが、マーカー部分はサンドバックの時間帯です。

夜21:00~というのは落ち着いて書類作業や雑務をしている時間帯なのですが・・・

夜の夜訪から帰ってくるのをモンスターが入り口で待ち構えているパターンと、酔った状態で会社へ戻ってくるパターンの2種類のコースがありました。

虎の穴の地獄コースです。

住宅の階段についている手すりがありますよね?直径5cmくらいの丸い棒です。

サンプルの手すりが1mくらいの長さのものがあるのですが、それを杖代わりにして待ち構えているのです。

これでドツかれると痛いのなんの・・・。ビビりながら受け答えするのですが、納得いく受け答えなんてできません。

当然その手すりが振り下ろされるのですが・・・。

他の営業マンがやられている音を聞くだけでも恐ろしかったのを覚えています。

もっとキツイのが酔って帰ってくるパターンです。

もうこの場合は最悪です。ストッパーが元々緩いのに、完全に外れている状態です。

1Fで暴れている音が2Fにまで響いていました。

餌食になるのはそこに居合わせた人なのですが、完全にロシアンルーレットです。

夜に暴れた次の日の朝のミーティングはもっと荒れました。

完全な言いがかりなのですが、

極悪君

家に帰って寝てたが、お前の事を思い出してムカッ腹が立って寝れなくなった。


と言ってドツかれるのです。
腹が立つ
なぜ辞めないのか皆さん不思議ですよね?当の本人も不思議で仕方ありません。

結果的にあの地獄があったので、今は少々の事は平気なのですが・・・。

皆さんの会社はどうですか?平和なもんですよね?

少しくらいイビられても、怒られても、嫌味を言われても大したこと無いですよ^^

いきなり飛び蹴りされたことがありますか?

死角から殴られたことがありますか?

バスから蹴落とされたことがありますか?

無いですよね?

訴えたら必ず勝てる出来事です。

しかし何故だか今は感謝しています。まともな人間にしてくれたので^^

北朝鮮から脱北した人達は環境のあまりの違いに、外の世界が緩く幸せな世界だと感じている事でしょう。

私も全く同じです。脱北者ではありませんが、ある意味脱北者みたいなものです。

これまでは親分のお話でしたが、折を見て脱北者みたいな人達である、おかしな上司達についても語っていきたいと思います。

とにかく不動産屋の人間なんてろくな奴はいない!と思うには十分な人達です。