新居浜市内では土地や不動産の有効活用と聞くとすぐに大東建託が思い浮かんでしまうのですが、アパート経営などの”大きな借金を抱えてまでは有効活用したくない”方もたくさんおられると思います。

不動産は利益を産む間は価値があるもの”であることはこれまで何度か述べてきましたが、利益を産ませるには利益を産ませるプロが当然存在します。

瞬く間にあなたの遊んでいる不動産を、利益を産むトップセールスマンに変身させてくれるのです。

その方法はアパート経営や借地など貸すことによって利益を産みだす方法が多いのですが、自分に合った方法というのは中々分かりませんし、ある程度の思い切りも必要になります。

そんな時はどうすれば良いのでしょう?遊ばせておくとコストが掛かるだけですし、かといって売却するのも・・・・悩ましいですよね?

遊んでいる不動産を利益を産むトップセールスマンに変身させてくれる会社とは?

以前も述べましたが(不動産屋の得意・不得意参照)、残念ながら私は売買もしくは許可申請系以外は基本的に不得手なので、知っているというだけで取り扱いはしていません。

knowとcanとdoは全く似て非なるものです。やはりDOできる本当のプロに相談するのが正解でしょう。

大手から地場の企業まで数多くの企業が存在しますが、私が大切だと思うポイントはやはりキャリアというか実績というか、その経験の多さに尽きると思います。

以前の会社では土地活用の部署が存在しましたが、おおよそプロとは言い難い体制でした。

恐らく私が相談に乗る方がマシでしょう。

そんなレベルでは意味が無いので、不動産業に携わる人間の目から見て、どういった方が上手く土地や不動産を活用しているのか?リスクを極端に減らして収益を上げているのか考えてみました。

土地や不動産の有効活用で財を成している方は、皆さん勉強家です。そして何よりプロのアドバイザーが必ずついています

こうすればいい、失敗しない、よりうまく利益を産むといったアドバイスを受けています。

そういった方達も最初は数ある会社の中から、自分に合った、有益な情報をもたらしてくれる会社や営業マンを選別していっていました。

まずは使えるアドバイザーを見つける事
これがまず第一歩です。

相続対策なども含めて失敗しない為には?

先生の動画をご覧ください。


やはり自分の為にアドバイスしてくれる=”使える会社や営業マン”が居なければ失敗するリスクが付きまといます。

かといって何から何まで自分で200%勉強して・・・というのは、多くの人について困難な話ですので、やはり安心できるアドバイザーを見つけるのが近道なのでしょう。

税金の事は税理士、会社の労務の事は社会保険労務士、土地の売買は不動産屋といった具合に、適材適所なアドバイザーが必要となります。

では一体どうすればそのプロやアドバイザーは見つかるのでしょうか?

yjimage (3)

不動産屋の私が使った方法をご紹介致します。

私は売買についてはプロです。賃貸については知っている程度です。

不動産屋土地の有効活用には
  • 一般賃貸経営
  • 事業用借地
  • 駐車場経営
  • 太陽光発電
  • 高齢者向け賃貸経営

  • 等、場所や広さ、予算、需要等によってその正解の活用方法は変わってきます。

    つまり有効活用については、多少に知識があるが故に、一番性質の悪い立場なのです。

    私は自分でそのことを理解していますので、有益な情報をもたらしてくれる営業マンを見つけて、間違いないという根拠を得たうえで不動産の活用=賃貸経営に着手しました。

    3年ほど経過しましたが、現在ではその状況も安定し、何等問題ない状況です。

    私はここで素人のふりして無料で相談しました。

    そもそも土地や不動産の有効活用のメリット・デメリットとは?

    土地や不動産を遊ばせておくことは、金銭面でのデメリットしか産みだしません。

    この記事をご覧いただいている方のほとんどが不動産を遊ばせておくのは勿体無い、どう活用したらお金になるだろう?と、少なからず悩みをお持ちの方だと思います。

    そこで一般的な話ではありますが、不動産の有効活用のメリット・デメリットについて見てみたいと思います。

    不動産の有効活用のメリット
    1. 不動産が働いてお金を産んでくれる

    2. 文句を言わない、毎月安定した売り上げを上げてくる営業マンがいるのと同じです。

    3. 相続税対策になる

    4. 節税対策の一環としてされる方も多いです。相続税が掛かる方は早めに考慮すべき事でしょう。

    5. 子孫にプラスの財産を残せる

    6. 売りたくないが子供に負担が掛かる不動産を残しても仕方がないが、利益を産みだすので子孫にとってプラスの財産である。

    7. ランニングコストを気にしなくて良くなる

    8. 毎年かかっている固定資産税や、現場の管理費用等は収益の中から経費として出てくるので、気にしなくて良くなります。


    不動産の有効活用のデメリット
    1. 維持運営にコストや労力がかかる

    2. これが一番のデメリットでしょう。信頼できるアドバイザーがいれば負担は軽減します。

    3. 空室リスク等がある

    4. 10年以上先の経済状況は中々見通せません。賃貸経営の際は必ず考えるリスクです。

    5. 借入金額が大きい場合がある

    6. 新築アパートなどの場合は借入金が高額になります。ここも収支バランスをはっきり根拠を示せるアドバイザーが居れば不安は軽減できます。

    7. 目的外の転用が困難

    8. 賃貸で貸していた場合などがそうですが、急に現金が必要になったりした場合に更地にしたり、売却したりが、賃貸人がいる為困難である。


    遊んでいる土地や不動産はどんどん働かせよう

    結論から言うと不動産は現金化するか、働かせるか、果実が収穫できるか、といった何らかのメリットを必ず持たせるべきです。

    そうでなければタダの”ごくつぶし”でしかないのですから。

    皆さんも一人で悩む前に、そのみちのプロに相談しましょう。そして一人でも多くの信頼できるアドバイザーを見つけて下さい。