憎まれっ子世に憚るとはよく言ったもので・・・

かの有名な泥棒不動産さん、圧倒的な嫌われ方をしているのが本日発覚しました。

今回はその泥棒不動産についての出来事を報告したいと思います。

仕事が出来ないから泥棒をする不動産屋さん

本来不動産屋としての仕事をそつなくこなしている業者さんであれば、私もそこまでディスることは無いのですが、この泥棒は性質が悪すぎます。

売買においては泥棒をし、盗みましたが悪いですか?と幼稚園児でも解るような理屈を平気で尋ねてくる始末です。

やはり社長がボロイと従業員もボロなのでしょう。

そこへ行くとあの会社は良い会社へ生まれ変わっていますねえ。ブラックからホワイトへ^^

さて、今日会った出来事ですが、これを読まれている皆さんにも知らない間に降りかかる災難にもなり得ますので、良く読んでください。

スポンサードリンク


某賃貸物件を借りたい時

私の知人を介してその方が相談に見えられました。

その方は借りたい物件があるのだが、看板がありすぎていて、どこの不動産屋へ行ったら良いか分からないので相談に来られました。

そこで私は賃貸をメインとしている会社に数社電話をかけ、空き部屋の状況や、案内の方法、かかってくる諸費用等について問い合わせをしてみました。

すると最初に電話をした会社さんでは取り扱いが無いとの事でした。

不動産先生

「え、あんなに看板あるのに?」

と聞くと、

もでる

その物件の管理会社が”泥棒不動産”で、取引をしないから扱えないんです

との事でした。

次の会社にも同じ返答を頂きました。

ここでは、以前取引した時の明細はあるので、費用についてはおよそで解るとの事だったので、費用についてだけ教えてもらいました。

結果看板がある会社に連絡する為に、現地に確認に行ったのですが・・・関わりたくない看板しか無いのです。

知り合いを介して来られていますので、出来ない不動産屋に投げる訳にもいかず・・・泥棒不動産に直接話はしたくないですし・・・

かといってその方は諸事情で、その物件を借りたいそうなので、何とかルートだけは作ってあげないといけませんので、最終的に妥協できる方法をお教えさせて頂きました。

これ何の話?と言われそうなので整理しますと

  • 管理会社が嫌われ者で取引をまともにする不動産業者が少ない
  • その物件を借りようとすれば”泥棒不動産”に直接行くか、”泥棒不動産”の周りの出来の悪い不動産屋に行くしか無い

  • という2つの残念なポイントに要約されます。

    なぜ残念な事かと言いますと、
    泥棒不動産”は前述したように仕事は出来ませんし、出来ない上にお金だけはしっかり取っていくという某国のような所です。

    安心して契約行為を任せたり紹介したりは出来ません。
    ぼったくり
    また、前述で入手した諸費用の明細には、完全なボッタクリの内容が書かれていましたので、そんな所へ丸腰でお客さんを紹介できません。

    尖閣諸島へ裸で上陸しようとする行為と同じです。

    室内消毒費15,000円、鍵交換13,600円というようなお約束のピンハネ費用が明記されており、悪質そのものです。
    悪質手口については「違法ではないが一部不適切」を参考にして下さい。


    当たり前に請求が来るので当たり前に払ってしまう人がほとんどです。要注意です。

    皆さんは泥棒に要注意です

    泥棒不動産”はとにかく質が悪い類です。

    だから取引をしない不動産業者が沢山存在するのです。

    私も関わりたくありません。

    嘘つき・責任を取らない・金額はいい加減・ピンハネがひどい・仕事出来ない・法律知らない・業界のルール知らない・・・等悪い所を挙げればキリがありません。

    かなり攻撃的な内容ですが、私から見た事実です。お客さんが得する行為は一切ありません。
    もしあると感じたならそれもパフォーマンスか丸嘘です。

    こういう業界に悪いイメージを植え付ける会社は消えて欲しいですが、宣伝活動や看板等は至る所に存在し、認知度だけはそこそこあるんですねえ・・・残念ながら。

    つまり知らない間に被害に合っている方がかなり存在すると言う事なのです。

    皆さんに気を付けて欲しいのは
  • 不動産屋は嘘つき

  • ”知名度があるから安心”は全く逆

  • 出てきた請求については内容を精査する

  • というポイントをしっかり認識すると言う事です。

    嘘つきな不動産屋の営業マン~見た目は弁護士・心は詐欺師

    メジャーな不動産屋の2つの嘘のパターン

    不動産で絶対してはいけない購入の仕方

    等の記事を参考に、不動産屋に関わる時は防護服を身につけましょう。