普通に所得もあるのになぜだか住宅ローンの審査が通らない・・・

こんな経験をされた方は大勢おられるでしょう。

私の経験では一部上場企業、勤続10年、年収1,000万円の人でも、車の他にローンが無いのにも関わらず住宅ローンの審査がダメだった方もおられます。

理由を金融機関に聞いても「総合的な判断で」との理由で前に進みません。

なぜだか分かりますか?恐らく本人の心の中にはそれらしい心当たりがあるはずなのです。

個人の信用情報の内容でOUT


前述の様な方の場合の住宅ローンの審査が通らない理由の99%はこの個人の信用情報に問題があるということです。

いわゆるブラック、グレーと呼ばれる扱いに知らないうちになっているのです。

世に言う”ブラックリスト”に乗っちゃっている状況なのです。

「え、借金なんて他に無いよ?」
と言われるかもしれませんが・・・よくよく考えてみて下さい。

過去の出来事を振り返ってみて下さい。・・・ほら、それらしいのがありますよね?

要注意


法律上悪くはないが個人の信用情報は悪くなる7つの原因

TVCMでおなじみの過払い請求には落とし穴がある

ここ数年のものは大丈夫なようですが、過払い請求が流行りだした約10年くらい前に過払い請求をされた経緯がある場合は、信用情報がブラックになっていると思われます。

前述の上場企業の方はまさにこれでした。

”当事はグレーゾーンの金利内での支払いをしないほうが悪い”と考える金融屋が多かったため、過払い請求を不良情報として登録していたのです。

これについては法律の運用の改正等でその情報をクリアにすることができる場合もありますので、個別にご相談ください。

ネットでおなじみの債務整理にも落とし穴がある


借金の圧縮、債務整理などを謳い、借金解決診断シュミレーターなる便利なものが流行っているようです。

確かに借金で悩んでいる人には効果的ですが、デメリットの説明がされていないのが気になります。

当然この場合も不良情報は登録されます。つまりサラ金系は5年間、銀行系は10年はローンが組めないのです。

過払い請求もそうですが、信用情報についてのデメリットは十分考えて利用しましょう。

奥さんに内緒で過払い請求をしていて、”いざ家を買う時にバレた”という方を何人も見てきています。

そりゃそうですよね。借金を減らしたり、チャラにしたりするわけですから、そこまでメリットだけというわけにはいかないですよね。

過去にローンの返済が遅れがちだったことがある


返済の遅れがあるということも金融機関の判断基準の大きな要素です。

何かしらのローンを金額が低いからと言って遅れがちになっていると、その記録は登録されます。
スポンサードリンク

過去に自己破産や民事再生の免責を受けている

基本的にはサラ金系は5年間、銀行系は10年でこの記録は抹消されますが、その期間に遅延があったり他の要素があるとさらに記録は残っています。
この場合は何もしない事という、時間が唯一の解決策です。

過去に事件や事故に関わった

レアなケースですが、何かの事件に巻き込まれて新聞に名前が載るようなことがあれば、通帳すら作れない体になってしまう事があります。

私の知人で住宅ローンも真面目に返済しているし、仕事も真面目にしている人がいますが、ある時名前を貸しただけで(使われた)新聞様に名前が載り、通帳が作れなかった方が実際におられます。

つまり現在の住宅ローンは仕方ないが、新しい借り入れや取引は一切しない・・・ということです。

親族の誰かがローンを踏み倒した

これもレアなケースですが、自身の親が借金を踏み倒していたり、金融機関に迷惑をかける行為をしていた場合に、同一とみなされるケースです。

滅多にないですが、この場合は事情や状況を説明することで何とかなる場合もあります。

○暴関係者


暴力団の人は当然ダメですが、それに関わった人もダメであるというケースです。

これは警察や金融機関が独自に関係者であると定めて、取引を一切行わないケースです。

暴力団に対する利益供与やマネーロンダリングを防ぐ意味合いです。

2種類の性質のものがある”ブラックリスト

上記で述べたようにブラックリスト・・・信用情報がブラックになるには理由があるわけですが、その性質は2種類に分けられます。

情報機関が集めている不良情報

個人の信用情報調査を専門機関に依頼して調査をし、その専門機関にブラックである情報が載せられている場合です。

ここには当然過去5年間の遅延や債務整理、自己破産などの記録がされていますので、信用情報機関でブラックだと、金融機関は決してお金を貸してくれません。

不動産先生2

気になる期間についてですが、いつまで借りれないのか?
銀行系の情報機関が10年間その記録を保持していますので、住宅ローンは最低10年は無理だということです。

消費者金融系の情報機関では5年がその記録保持期間ですが、昨今は横の情報のやり取りがなされるようになっており、10年と考えておいた方がよいでしょう。



金融機関が独自で集めている不良情報

情報機関の中の情報は基本的に5年、銀行系は10年で抹消されますが、この金融機関が独自で集めている情報は基本的に永続的に扱われます。(金融機関はそれを認めませんが・・・)

ただ、これはその金融機関独自の物なので”A銀行がダメでもB銀行なら大丈夫”ということもあります。

なぜかと言いますと、10年前に自己破産をしたとしましょう。
その時にローンを組んでいたのがA銀行だとします。

基本的に10年間は完全なブラック状態なのでどこでどうしようが、合法的にはお金は借りれません。

ただ10年経過すれば信用情報がきれいなものになるので、B銀行ではお金が借りれるのです。

しかし踏み倒した相手をA銀行は当然覚えています。

その相手に10年経ったからと言って素直にお金を貸していたらおかしいですよね?

なので住宅ローンの審査がダメであった時に過去の経緯が詳しく分かれば、ひょっとすると他の銀行で借りれる可能性があるのです。

ただ私はそれについてはお勧めはしていません。またダメになった時に自己破産を繰り返す可能性があるからです。

わざわざ2回も人生をリセットする必要性が感じられませんから。

ブラックリストにも2種類あるのが分かって頂けたと思いますが、どちらにせよブラックの場合の解決策は基本的に時間の経過しかありません。

それでも何とかしたい、トライしてみたい、と言う事であれば知恵はお貸し致しますので個別にご相談ください。

基本中の基本の重要な理由がもう一つ

信用情報の内容に少し偏っていて、基本的な事な上に重要な事を書き忘れていました。

前述のような事に心当たりが全くない方も居られると思います。

その場合まず疑うべきはクレジットカードです。

楽天カードやイオンカード等、コンビニや普段の買い物でもポイントが貯めれるお得感たっぷりのクレジットカード。

お得感と利用の容易さのメリットに惹かれて、ついつい作成してしまうクレジットカード。

こいが曲者です。というか、住宅ローンに限って言うと悪魔のような存在です。

現在何枚持っているか把握されていますか?

まずはその正確な枚数を把握してください。

そしてその全てのカードにキャッシング機能があるかどうかを確認してください。

大抵の場合、30万円や50万円のキャッシングの枠が付いています。

これが犯人の可能性があります。

「え、お金なんか借りたことないけど?」

「買い物も一括でしているけど?」

という声が聞こえてきますが、実はこの枠はお金を借りていなくても借りているとみなされる場合があるのです。

なぜかと言いますと、住宅ローンを実行した後でもカードの枠は有効です。

10枚のカードがあれば無審査で300万は借りれる”という事実が出来上がってしまう為、金融機関はそれを差し引いた審査をするのです。

いわゆる”返済比率”の中に見られてしまうんですね。

キャッシングの返済年数は通常5年とかなので、100万円借りても30万円位は返済にかかりますので、返済比率への負担が非常に高い代物なのです。

ではどうすればいいのか?
答えは簡単です。

不要なカードは解約しましょう。そしてそれ以上カードを作らない事です。

多くても2枚くらいにして、生活上・仕事上仕方ないものと、普段の買い物程度で納めておきましょう。

金融機関は説明がつかないものや、イレギュラーなことを嫌いますので、マイナスに働く要素は少しでも無くしておくことが重要です。

クレジットカードは普段の何気ない生活の中に溶け込んでいる存在ですので見落としがちですが、この事は将来の住宅ローンを考えるならば、覚えておかなければいけない落とし穴の一つです。