中古住宅や賃貸アパートの”リノベーション”という言葉を最近よく耳にしますが、お恥ずかしい話リフォームと何が違うのか知りませんでした。

何だか横文字で「カッコ良さげに言っているだけ」だと思っていたら、意味が違っていたんですね。

リホームとリフォームの違いと同じかと思えば、全く意味が違っていました。

リーホームの○○という名前のKトラを何度か見かけた事がありますが、昔の人が英語をカタカナで読んでリホームと言っている、そんな感覚だと思いきや・・・

中古住宅のリノベーションとリフォームの違いとは

リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。

マンションやアパートの場合には入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。

英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。

マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いで良いと思います。

意味合いの違いは何となく分かったかと思います。

実務的には「リフォーム」も「リノベーション」も大差が無いのですが、付加価値の付け方による内容の違いがあるのは確かです。

クロスの張り替えやフローリングの張り替え等、表面のやり変えだけでキレイにするリフォームと、生活スタイルや住まいの機能そのものを現代風に向上させていくリフォームでは、仕事の内容が確かに違うからです。

言うならば、マイナスを0に戻す作業と、0から物を作り出し10にしていく作業ですから、似て非なるものと言えるでしょう。

前者は言われたまま、見たままの仕事をすればよく(現場の労働力のみ)、後者は想像力と提案力プラス現場の労働力という側面があります。

仕事のできる人と出来ない人の違いみたいなものです。

当然価格の差が出てきますし、意味合いからするとリノベーションの方が価格が高いのは理解ができると思います。

ここで大切なのは、中途半端に価値を上げようとする行為は、逆に損をする行為になる可能性が高いので、リノベーションをしてお金をかけるのであれば、本当のプロに依頼する必要があるでしょう。

残念ながら”本当のプロ”は新居浜市にはほとんどいません。

リフォームの○○、○○○ス等は決してプロではありません。素人が服着て歩いているのと変わりません。

だって、スーツ着てまともに現場を理解をしたふりをしているだけですから。
なんちゃって”です^^

プロの話についてはまた別の機会にさせて頂くとして、リフォームをするときリノベーションをするときは、そのニーズに合わせてどうするかを十分考慮し、中途半端にするのだけはやめましょう。

後から見て残念な工事をしている現場をたくさん見てきましたから。

そんなところに限って、立派な工事をしていると思い込んでいる(思い込まされている?)場合がほとんどです。

気を付けましょう。