不動産の価値を知る為の不動産査定とは?

不動産の売却の方法は2種類あります。

一般の方同士の売買契約を斡旋する”仲介”という方法と、不動産業者が直接買い取る”買い取り”という方法です。

当然その2種類の方法によって提示される不動産査定価格は変わります。

査定依頼をする不動産業者には、その2種類の査定を依頼するのが大正解なのは何度か述べましたが、今回は買い取りについて説明します。

新居浜市にある不動産の買い取りは出来るのか?

新居浜市の不動産買い取り査定について質問を頂きましたので、掲載させて頂きます。
不動産買い取りの業者さんは地方の町(新居浜市)の物件でも買い取ってくれるでしょうか?
もちろん買い取り致します。

査定をさせて頂いた上で、査定価格にご納得がいかない場合は、お気軽にお断りください。

費用は一切かかりませんし、請求もありません。

どんな物件でも大丈夫でしょうか?
基本的にはどのような物件でも対応はできますが、地域や法律の問題でお断りする場合もあります。

正確な物件の調査をした上での回答となりますので、資産価値を計る上でもお気軽にご依頼ください。


確かに新居浜市は少子高齢化が進んでいる、人口減少の地方都市です。

不動産の価格も下落し続けている、不動産については明るい兆しの少ない街ではありますが、少なからず不動産の買い取りは行われています。

ではどの様な場合に不動産の買い取りは適しているのでしょうか?

不動産買い取りにおいての「8」個の便利なケース

  1. 住替えや転勤による不動産買い取り
  2. 不動産先生2

    新しい家を購入して移り住みたいのだが、自宅が売却できないと予算などの都合で住み替えができない。
    いつ売れるかわからないので次の家に移り住む事が出来ない。


    不動産先生

    転勤が決まり、戻ってくる見込みがないので “いつ売れるか分からない仲介”よりも、転勤で移り住んでしまうまでに売却を終わらせたい。


  3. 不要な土地・建物の買い取り
  4. もでる

    管理にも困っているし、必要とする身内もいない。正直持っていても負担にしかならない不動産を処理したい。


  5. 取り急いで現金化する為の不動産買い取り
  6. ポイント

    いろんな理由で不動産を即現金化したい場合


  7. 老朽化建物の買い取り
  8. 不動産先生

    管理や手直しにも費用が掛かる。置いておくわけにもいかない老朽化建物を処理したいとき


  9. 売却手続きを簡略化する為の不動産買い取り
  10. 不動産先生2

    買い手を探してもらったり、面倒な手続きをしたり、お金のやり取り以外は面倒な場合
    地域の不動産屋さんに売却を依頼しているが、なかなか売れない時


  11. 離婚による不動産買い取り
  12. もでる

    離婚による財産分与が発生し、現金化して財産分与する場合


  13. 家財や不用品も同時に処分する為の不動産買い取り
  14. 不動産先生

    家の中に生活道具や不要物がたくさんあり、片付けなどが面倒な場合


  15. 相続による不動産買い取り
  16. 不動産先生2

    親から相続した土地を現金化して親族で分ける時



以上のような場合は不動産の買い取りをお勧めします。

時間と価格が明確で、面倒な煩わしさはほとんど無し。

新しい生活のイメージがしやすいですよね?^^
不動産買い取り

不動産の買い取りの6つのメリットとたった1つのデメリット

不動産買い取りのメリット
  • 即時に買い取り価格を提示の上、即時に売買が成立(時間と価格が明確
  • 広告期間や販売期間が一切不要(いつお金が入るか明確なので次のイメージがしやすい
  • 仲介手数料が不要
  • 即時に現金化が可能(7日~30日)
  • 売却が終わるまで秘密で売却できる
  • 近所や知り合いにバレることはありません。
  • 不動産業者が買主なので売却後の面倒な問題や保証、瑕疵担保責任が免責される
  • 責任の一切は買い取る不動産業者が負いますので安心です。

不動産買い取りの唯一のデメリット
  1. 仲介の売買に比べて手取りが低い

不動産の買い取り査定と仲介査定の両方をうまく使い分けよう

あなたの置かれている状況によって仲介と買い取りの両方から選択すれば、納得のいく不動産の売却ができます。

参考にしてください。




売却査定はこちらから

当社へ直接売却査定を依頼する場合はこちらへ