任意での売却手順は以下のようになります。 

(注) ここでの「債権者」とは住宅ローン会社または金融機関の事です。
滞納している方の場合 支払いを続けている方の場合



  1. (1)債権者からの督促

    まずは当社へ相談。返済・債務状況の確認を行います。
     滞納する前に債権者と交渉 
     


  2. (2)販売価格の調査と確認。債権者の同意が必要となります。


  3. (3)専任媒介契約の締結お客様と当社の間でご自宅販売の契約を結びます。
    債権者に専任媒介契約書(コピー)を送付債権者に当社が販売活動をする旨を伝える。


  4. (4)販売活動の開始を素早くする為に、業者間物件情報システム「レインズ」などへ積極的に登録を行い販売をしていきます。



  5. (5))買い主様より買付証明書を受理 。売買契約を締結します。

       

    売買契約の締結後、居住している場合には引っ越し先を探します。




  6. (6)債権者との交渉抵当権全額の抹消の協議そして応諾「配分表」の作成。⇒債権者との合意。





  7. (7)決済・所有権移転そしてお引き渡し 

         

     債権者との残務の返済方法の決定
    一般的には残債務は一時金で処理します。 多くの場合数年間は年1万円程度を毎月々返済します。⇒
    ローンからの解放そして再スタート 

    数年後位いには新しいマイホームの購入が可能となります。 

    以上が一般的な「任意売却の流れ」ですが、お客様の事情により多種多様なケースが有り、その方法も多種多様となります。
    お客様と当社で入念なお話し合いを行いお客様にとって最良の方法で対処して参ります。 
     




任意売却のプロがあなたの住宅ローンの悩みを即解決します!1つでも当てはまったら即相談!