離婚してから数年経って…


最近よくあるケースですが・・・

2年前に離婚したS市に住むSさんは、2人の子供を引き取り、家をもらう(住宅ローンは元夫が慰謝料として支払い続ける)という条件で離婚されました。

ところが、離婚から1年半が経ったころ・・・

銀行から元夫宛の郵便が届くようになったそうです。

その後、開封せずに放っておいたところ裁判所から特別送達が届き、驚いて今まで届いていた郵便物をすべて開封してみると、元夫が半年位前から住宅ローンを滞納していることがわかりました。

しかし、元夫に連絡をしようにも、携帯電話の番号はすでに変わってしまっていて連絡が出来ず、困り果てたSさんはお姉さんに相談したそうです。

それからお姉さんがいろいろ調べ、「任意売却」という方法があることを教えてもらったのです。

「私は、どうしたらいいのでしょうか?」と、初めて連絡をしてきた時のSさんの声は震えていました。

詳しいお話を伺うと、涙声で状況を説明して下さいました。

まだまだ手のかかる子供たちを抱え、正社員としては働くことが出来ずにいたSさんは、とても元夫の代わりに住宅ローンを支払うことはできず、競売になるのは時間の問題でした。
新居浜市 悩み 相談
Sさんは子供達のことを考え、競売になることだけは絶対に避けたいという思いがあり、すぐに任意売却を決意され、銀行との交渉を含めて全て当方にお任せいただきました。

しかし、元夫と連絡が取れないと任意売却を進めていくことは出来ないことを説明し、Sさんにはなんとしてでも元夫と連絡をとってもらうようにしました。

元ご主人様の連絡先がわかったのは、それから約2ヶ月後のことでした。

その後Sさんの協力者に一般市場相場の価格にて購入してもらい、任意売却は終了しました。

住まいは購入していただいた協力者との話し合いで、家賃を支払う条件でそのまま住み続けることが出来ることになりました。

また連帯保証人であったSさんは、残債務の支払義務から逃れられませんが、交渉の中で話はいい方向にまとり、安心して新たな生活をスタートさせることができました。

ただでさえ、1人で子育てをするのは大変で、孤軍奮闘していたSさん。
競売になることで人目を避けるように知らない遠い地に引越しをする必要もなく今まで以上に明るい元気な生活を送っています。

任意売却することで開ける未来


一番大きな重要なポイントは、精神的に楽になれると言う事です。

毎日の督促や悩みから解放されることで、家族との新しい生活がスタートできます。

悩んでいたのが馬鹿らしくなるくらい、楽になれます。

相談を頂いて解決策や方向性が見えたとき、そして問題を解決出来たら、後は幸せな生活が待っているのです。

新居浜市においては、唯一の任意売却のプロと言える当社へ、気にせずご相談ください。

下を向いこられた方も上を向いて帰ることができるはずです。


ご相談はこちらからどうぞ